日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は流れ星
オレハナガレボシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年06月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
51分  

松浦健郎の原作を、今村文人が脚色し、「俺は銀座の騎兵隊」の野口博志が監督した歌謡アクション・ドラマ。撮影も「俺は銀座の騎兵隊」の永塚一栄。

スタッフ

企画
茂木了次
原作
松浦健郎
脚色
今村文人
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
山本直純
美術
大鶴泰弘
照明
高橋勇
録音
宮永晋
編集
丹治睦夫

ストーリー

サックス吹きの名手健次は、クラブ“トーキョー・タウン”のバンドに務め、社長松原の用心棒も兼ねていた。ある日、グラマーのミナと恋人のサックス吹き一郎がクラブに飛びこんで来た。一郎の腕はダメだったが、ミナの肉体に目をつけた松原は、子分の神戸のすすめもあって、二人を雇うことにした。さっそく松原はミナを誘惑した。松原の仕事に嫌気がさした健次は、足を洗うことにした。松原は神戸に彼を殺せと命じた。計略を知った健次は逆に神戸を倒し、クラブに戻って松原からミナを取り戻し、一郎に金をやって二人を逃がしてやった。一年後--ある港町で健次は愚連隊から道子を、コパ興業と三崎組の喧嘩からコパの身内ゲンの二人を救った。翌日、健次はキャバレー“コパ”で社長の酒井らと祝杯をあげた。そこで酒井の情婦に会って驚いた。ミナだった。一郎は旅先で死んだという。酒井の手下醍醐は健次におとらず拳銃がうまかった。彼は酒井が三崎組をペテンにかけたのに反感を抱いていた。健次は三崎組の事務所へ喧嘩の真相をたしかめに行った。そこで子分の圭三に乱暴された。それをとめたのは親分の娘道子だった。圭三は嫉妬に狂い健次を襲った。が、彼に諭されて道子とカタギになると誓った。ミナは健次に言いよった。酒井が盗み聞いた。ある日、神戸が健次のことで酒井のところにやって来た。その夜、健次は神戸に狙撃された。だが、死んだのは神戸だった。醍醐が救ったのだ。酒井も倒れ、醍醐も凶弾に倒れた。翌日、健次は波止場に一人サックスを持って立っていた。どことなく淋し気に……。道子とミナがかけつけた時には、どこへともなく立去った後だった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。