日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤い夕陽の渡り鳥
アカイユウヒノワタリドリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年07月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Sword and Devotion  
上映時間
79分  

小林旭の渡り鳥シリーズの第四編。原健三郎の原作を、「海を渡る波止場の風」のコンビ山崎巌と大川久男が脚色し、「渡り鳥いつまた帰る」の斎藤武市が監督した。撮影も同じく「渡り鳥いつまた帰る」の高村倉太郎。

スタッフ

企画
児井英生
原作
原健三郎
脚色
山崎巌大川久男
監督
斎藤武市
撮影
高村倉太郎
音楽
小杉太一郎
美術
中村公彦
照明
大西美津男
録音
米津次男
編集
近藤光雄

ストーリー

ギターを背に風来坊の滝伸次は会津磐梯山の麓に現われた。父越谷大造と遊びに来ていた少年信夫を山道で救った伸次は、ハジキの政に馬を奪われた。野性的な女マキに放火の疑いをかけられた政を伸次は救った。温泉町のキャバレー“オハラ”で流した伸次は、マダムが越谷と一緒にいた女あけみであることを知った。賭場で五十万の穴をあけた政が伸次に挑戦した。イカサマを見破った伸次は、政の銃口があけみに向けられていたのを見た。東京で親分を裏切ったあけみを殺すために来たが、政はあけみに同棲を迫った。二宮牧場主として弟浩と左前の牧場を経営する靖子が東京から帰って来た。マキは父親が焼死したのはホテル建設のため牧場買収を企らむ小芝の仕業だと、靖子に訴えた。小芝はオハラの支配人だった。靖子の話を聞いた伸次は焼死現場に行き、小芝のねらいが牧場でなく温泉であることを知った。小芝は靖子の誕生パーティの夜、牧場を襲った。乱闘になった。政は昔の女マキを誘った。伸次は越谷を責めたが愛児のために金が要るからと、越谷はゆずらなかった。マキは政に復讐するべく家を出た。崖の上では小芝一味が政を待っていた。政を狙うマキに政と一緒に来た殺し屋ジミーの匕首が飛び小芝がマキを捕えた。政はジミーをだまして列車に乗せたところを小芝に撃たれた。小芝はジミーに伸次殺しを託した。マキを渡すという誘いに出て行く伸次の身を靖子は案じた。伸次は政にマキの居所を問いつめ、あけみには越谷と小芝の悪事をばらした。あけみに教えられて地下室に行くと、マキは政の死を聞いて喜び、小芝一味が牧場に行ったと教えた。小芝は靖子をアテにしたが、浩の機転で伸次は勝った。小芝を追って“オハラ”に来ると、あけみが虫の息で越谷の所に行ったと言う。ホテルでは越谷も倒れていた。伸次に信夫を北海道の親戚へ--と託して死んで行った。小芝と伸次はロープウェイの上で対決した。伸次を狙うジミーは意外な政の一発で倒れた。引きとめる靖子をあとにして、伸次と信夫をのせた馬車は、牧場を去って高原のかなたに消えて行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。