日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サラリーガール読本 お転婆社員
サラリーガールドクホンオテンバシャイン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年06月15日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「銀座退屈娘」の若尾徳平と川崎徹広の脚本を、「若い素肌」の川崎徹広が監督した青春もの。このほど結成された東宝3ペットが主演する。撮影は「新・三等重役 当るも八卦の巻」の鈴木斌。

スタッフ

監督
川崎徹広
製作
安達英三郎
脚本
若尾徳平川崎徹広
撮影
鈴木斌
音楽
馬渡誠一
美術
河東安英
照明
石川緑郎
録音
藤縄正一

ストーリー

神谷一子、藤森美岐は高校出たてのBG1年生である。二人は揃って大鳳建設に入社した。一子の母は実は大鳳建設の物故した先代社長の妾だった。当人達の他にこの秘密を知るのは総務部長の荒木だけで、先代の老夫人も、その弟である現社長の小西氏も、腹違いの息子の設計技師の川井進にも内証にされていた。一子は屈託のない明るい娘で、毎日母の経営する料亭竹川から通勤した。荒木氏の心配をよそに、社内ではバスケット選手の仲間入りをしたり、進や同輩の久保田などの若い男性社員から歓迎され、楽しい毎日だった。久保田と一子、そして進と美岐は好意以上のものを感じあっていたが、社内結婚は御法度だった。一子達の課のオールドミス山下春江が自殺をはかった。相愛の津田課長と結ばれないのを悲観したものだが、幸い薬の分量が少なくて助かった。部下である津田課長の失態に荒木部長は激怒した。女子社員が立ち上がった。社内結婚による女子社員の強制退職反対の決議が打ち出され、一子と美岐も決議文を社長に持参する交渉団の一員に加わった。お茶くみからエレベーターまでストップさせて戦った女子社員に凱歌が上がった。社内結婚の禁は解かれ、津田課長と山下春江は結ばれた。近く海外に留学する久保田の胸のポケットには一子の写真が秘められていた。一子の兄であることを知った進は、一子の幸せを祈った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。