日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

特捜班5号
トクソウハンゴゴウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年05月11日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Jungle Block  
上映時間
49分  

「香港秘令0号」の秋元隆太の脚本を、新人第一回の野村孝が監督した、特捜班員の活躍を描くアクション・ドラマ。「打倒(ノック・ダウン)」の藤岡粂信が撮影した。

スタッフ

企画
岩井金男
原案
今戸公徳中野顕彰
脚本
秋元隆太
監督
野村孝
撮影
藤岡粂信
音楽
松村禎三
美術
千葉一彦
照明
吉田協佐
録音
橋本文雄
編集
鈴木晄

ストーリー

六千万円を強奪した四人の銀行ギャングが車で逃走中、電事と衝突し全員死亡した。ところが、肝心の六千万円がどこかへ消えてしまったのだ。紙幣は通し番号の一万円札で、使えばすぐ足のつく札束だ。捜査線上に義足の男が浮んだが、居所も正体も不明だった。--横浜のキャバレー“ブルーバード”、青木と名のる船員風の男が支配人浜碕、子分の神田、岡島と相対していた。青木は、浜崎が例の六千万円の半金を義足の男から六百万円で引取り、殺し屋をつけさせたが、かえって義足の男に殺されたことを知っていた。儲けを半分くれるのなら義足の男を連れてくる、と青木は言った。彼は、捜しにいった波止場で、同じ目的をもつ勢子という女と知り合った。彼女は浜崎の情婦だった。勢子は、ビッコにはアル中のボクサーくずれの相棒がいるという。青木は偶然のことから、その男三村を見つけ、ビッコの男下河原の隠れ家を白状させた。浜崎らと青木がそこへ駈けつけた時、すでに下河原は死体となっていた。浜崎は勢子から新しい売り手が現われたと言われた。翌日、青木と神田が浜崎の指令で、灯台の岩壁で相手を待っていた。二人は銃弾に狙われたが、射ち倒した相手を見ると勢子と岡島だった。「岡島を抱きこんだ勢子が俺たちをバラし、最後には浜崎をバラすつもりだったんだ。下河原をやったのも勢子だろう」と青木は言った。勢子が経営する花屋の植木鉢から、下河原に渡った六百万円と、残りの三千万円が出て来た。三千万円を持って帰った二人を見ると、浜崎は地下銀行の取引に行こうと言った。三人はある洋館に着いた。いつのまにか、邸は武装警官に囲まれていた。青木は浜崎らを警察に引き渡した。彼は特捜班5号だったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。