日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

素晴らしき遺産
スバラシキイサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年05月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

藤田敏夫の原作を、「刑事物語 銃声に浮かぶ顔」の高橋二三が脚色し、「闇に光る眼(1960)」の春原政久が監督した喜劇。撮影は「今夜の恋に生きるんだ」の柿田勇。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
藤田敏夫
脚色
高橋二三
監督
春原政久
撮影
柿田勇
音楽
奥村一
美術
大鶴泰弘
照明
高橋勇
録音
八木多木之助
編集
近藤光雄

ストーリー

林田質店の主人万次郎の頭痛の種は子供たちのことだ。長女文子はお花の稽古そっちのけでお師匠さんと花札摶打に熱中。次女の短大生マチ子は家財道具を自分の店に質入れし、スケート場通い。次男の大学生辰次はスピード狂。これというのも万次郎のケチン坊が原因。そのケチ親爺が女を囲っているというので大さわぎ。以前店で働いていた光江だった。唯一人の親孝行な長男信一に店を継がせて、万次郎は隠居する計画だった。その信一が山で遭難してしまった。その頃、子供たちは小遣い稼ぎをはじめた。マチ子は番頭の常どんから借りた金を元手に学校で“カネカルチョ”をはじめた。文子は店の稼業に精出し、辰次は質草の自動車で白タクをはじめた。万次郎も至極御満悦。光江が子供を産んだ。万次郎の喜びも束の間、その子は常どんの子供だった。常どんは文子と結婚して、店を継ぐ野心を持っていた。そこで熱心に光江をなだめ、文子に強引にプロポーズした。ところが万次郎が交通事故で急死、すべてはオジャン。葬式の日、テープレコーダーに吹きこんだ遺言に、みんなはカタズをのんで聞きいった。全財産は信一の名儀で山岳遭難救助連盟に寄付し、店と営業資金だけが残された。常どんの光江の件がバレて文子は大むくれ。やけくそになった辰次がすてた吸ガラがガソリンに引火して、一瞬のうちに店は丸焼け。焼跡に立った子供に万次郎の声が聞えてきた。--自分の力で生きるんだ……ハッと気がつく文子、マチ子、辰次、常どん……。みんなで力をあわせて林田質店再興を誓いあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。