日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

僕は泣いちっち
ボクハナイチッチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年05月21日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Goodbye to Gloly  
上映時間
46分  

「事件記者 狙われた十代」の共同執筆者・西島大のオリジナル・シナリオを、「飢えた牙」の堀池清が監督した歌謡アクションもの。「白い閃光」の松橋梅夫が撮影した。

スタッフ

企画
久保圭之介
脚本
西島大
監督
堀池清
撮影
松橋梅夫
音楽
菊川迪夫
美術
柳生一夫
照明
熊谷秀夫
録音
中村敏夫
編集
近藤光雄

ストーリー

二郎は近く洋裁学校を卒業する治子と緒婚し、兄の一郎と運送業を始めるつもりだった。しかし、治子をのせた一郎のトラックが酔払い運転で電柱に衝突、一郎は死んだ。二郎は、兄はそんな酒の飲み方をしないはずなのにと疑問を抱いた。一郎が死ぬ直前に立寄ったというバー・スワンを訪ねた。マダムの加代にも彼の泥酔の原因は分らなかった。治子は加代の部屋にいた。加代は二郎と会うとお互いに傷つくだけだから、半年ほど香港へデザインの研究に行ったらと治子に勧めた。が、その隣室では、一郎の同僚だった内田が加代を待っていた。二人の間に不気味な笑いが交わされた。二郎は友達の流しの歌手・利夫と治子を捜していた。加代は治子がまだ気持を決しかねているのをみ、処女を奪えば香港へ行くだろうと愚連隊に治子を襲うよう命じた。逃れた治子は街にとび出し、夜の女狩りにまきこまれて警察に連行された。警察の知らせで駈けつけた二郎は彼女を罵倒した。治子は加代の店に戻るほかなかった。加代は毒薬を出して治子を脅迫した。一郎はこれを飲まされたのだ。二郎はふとしたことから内田の悪事をかぎつけた。金ほしさに麻薬密輸を手伝っていた一郎が足を洗おうとして加代に殺されたことが分った。二郎はスワンに駈けこんだが、加代も治子もいなかった。と、電話が鳴った。「陳だ。二時の船に女を乗せたろうな」--あと三十分しかない。二郎のトラックは京浜街道をとばした。やがて、陳と加代は逮捕され、麻薬と交換に日本娘を密輸していた国際組織は壊滅した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。