日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

扉を叩く子
トビラヲタタクコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月13日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

山崎謙太、井上芳夫の共同脚本を「あゝ特別攻撃隊」の井上芳夫が監督した、メロドラマ。撮影は「女は抵抗する」の小林節雄。

スタッフ

製作
武田一義
企画
川崎治雄
脚本
山崎謙太井上芳夫
監督
井上芳夫
撮影
小林節雄
音楽
大森盛太郎
美術
山口煕
照明
渡辺長治
録音
三枝康徐

ストーリー

戸田勝彦はかつて関東大学リーグでの名投手であった。いまは設計技師として、冴子と家庭をもっている。二人の間にはまだ子供がなかった。ある日、勝彦の出張中に、見知らぬ子供が一通の手紙を持って戸田家の扉を叩いた。「この子供、正彦は戸田との間に思いがけない事情のために生れた子で、自分の手で育てあげるつもりが、失業と病苦のため……愚かな母の一生のお願いです」と手紙は結んであった。冴子の心は憎しみと悲しみにかき乱された。五年前は勝彦との婚約時代だったし、彼は野球部で激しい練習に打ちこんでいた。よその女に子供まで産ませていたとは冴子には信じられなかった。勝彦から電報が来帰宅が五、六日のびると告げていた。冴子と正彦の奇妙な生活が数日続いた。はじめのうちは憎しみの眼で正彦を眺めていた冴子も、やがてふびんに思うようになっていた。勝彦が帰った。荷物をまとめて家を出ようとする冴子に、彼は語った。--勝彦は関西へ遠征したが、球威が乱調で三連覇の夢は破れた。その夜、彼は飲めない酒をバーの女順子を相手にあおった。新入りの彼女に与太者が文句をつけ、勝彦と乱闘となった。翌朝、彼は順子のアパートのベッドにいた。--彼が野球を捨てたのはその夜の記憶を忘れるためだったのだ。勝彦と冴子は言い合った。正彦が「ほんとの母ちゃんのところへ行く」と行って家を飛び出した。勝彦と冴子は正彦をさがしあううちに、正彦を二人の子供として育てようという気になった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。