日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

勝利と敗北
ショウリトハイボク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月27日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
116分  

須崎勝弥・井上梅次の脚本を「嵐を呼ぶ楽団」の井上梅次が監督したボクシシグ映画。「貴族の階段」の中川芳久が撮影した。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
原田光夫
脚本
須崎勝弥井上梅次
監督
井上梅次
撮影
中川芳久
音楽
奥村一
美術
仲美喜雄
照明
久保田行一
録音
飛田喜美雄

ストーリー

全日本ウェルター級チャンピオン・佐々木が突然引退声明をした。ために早急に次期チャンピオンを決定しなければならなくなり、各ジムから挑戦資格者が続続名のりをあげた。最有力な峰岸ジムではその推薦をめぐって一つの争いが起きた。峰岸は最初からボクサーとしては盛りをすぎた年齢ではあるが、ランキング一位にある山中を推すつもりだった。が峰岸のジムにはノックアウトキングという異名をとり学生からプロ入りした旗がいた。彼は自分の実力が認められないのを不満に思い峰岸のジムを飛びだした。暗黒街のボス郷田は、旗を自分の息のかかった松田ジムに引取った。旗は近藤ジムの吉川と闘うことになった。この勝負に勝てば一位の山中に挑戦することになる。吉川は山中の妹葉子の愛を得るためにどうしても勝ちたかった。が、激しい練習で右手を負傷した。試合は最初から旗の一方的な優勢のうちに進められた。しかし、最終回吉川のアッパーカットがきき旗はダウンを喫して引分けとなった。その後、吉川はオートバイを飛ばしすぎて足を折った。旗が一位の山中に挑戦することになった。旗も峰岸にさとされ、フェアな拳闘に対する気持ちをもち始めていた。峰岸は郷田の手から旗を取り戻さねばならぬと考えたが、金を積めと要求された。恋人の小夜子が、結婚を迫る実業家から金を借りて峰岸に用立てた。小夜子は峰岸に心の中で訣別をした。峰岸は旗を近藤ジムに托し、自分は山中に全力を傾けた。試合当日、山中と旗はリングに上った。激闘。遂に旗が勝った--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。