日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白い閃光
シロイセンコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月27日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
This Life I Love  
上映時間
49分  

浅野辰雄・古川卓巳の共同脚本を、「俺は欺されない」の古川卓巳が監督したもので、白バイ警官を描いたアクションもの。撮影は「事件記者 狙われた十代」の松橋梅夫。

スタッフ

企画
大塚和
脚本
浅野辰雄古川卓巳
監督
古川卓巳
撮影
松橋梅夫
音楽
三保敬太郎
美術
千葉一彦
照明
熊谷秀夫
録音
高橋三郎
編集
丹治睦夫

ストーリー

朝見達郎は、単車のテストライダーだ。今日は時速二百四十キロも出した。白バイ警官の兄の一郎が速度違反の砂利トラックに追突して重傷を負った。かけつけてみると、一郎の同僚松本や白バイ隊長杉はトラックにオカマをくらったのだと説明してくれた。オカマとは追跡を知ったトラックが急停車して白バイを追突させて警官を殺すという報復手段のことである。一郎の白バイにつけた特殊カメラから、トラックは尾部にMとサインした五七年型ダンプカーと判明した。全白バイに捜査指令が出た。テストライダーをやめた達郎を玲子が訪ねて、オートレースの選手である弟の律にレースをやめさせてくれるよう頼んだ。レース場、律はボスに操られて勝ち続けていたが、八百長試合に嫌気がさして故意に負けた。達郎が駈けつけた時、ボスの手下に打倒された律はやけを起してとび出した。達郎は謎のダンプカーを求めて砂利トラックの運転手になった。情報は意外に早く入った。運転手仲間で“街道の政”という暴れ者がいるという。来合わせた政は緊張した達郎の疑惑を感じとったようだった。果して政のトラックは尾部にMの字を消した五七年型だった。達郎は政を追って山奥の砂利採掘場にのり込んだが、そこには律が働かされていた。律と達郎の関係を知った政は律を倉庫に閉じこめた。数時間後、山を下りようとする達郎を砂利トラックの群から政が呼びとめた。覚悟して乗った達郎は政の一撃に昏倒した。ダンプカーの群はスピードをあげて国道を飛ばした。倉庫では律が電話にかじりついた。国道の白バイやパトカー、ヘリコプターに指令がとんだ。松本の白バイがついに政のトラックを追った。急ブレーキをかけてオカマをくらわせようとする政の手は昏倒を装っていた達郎に払われた。トラックを降りた達郎と政は激しく格闘した。白バイ警官が怒濤のようにダンプカーに殺到した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。