日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋の片道切符
コイノカタミチキップ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

新人第一回の篠田正浩の脚本・監督によるもので、ヒットソング“恋の片道切符”を背景に描く青春映画。篠田監督は昭和六年生れ、岩間鶴夫・原研吉・中村登らに師事した。撮影は「断崖に立つ女」の小杉正雄。

スタッフ

製作
今泉周男
脚本
篠田正浩
監督
篠田正浩
撮影
小杉正雄
音楽
池田正義
美術
梅田千代夫
照明
加藤政雄
録音
小尾幸魚

ストーリー

和製プレスリーと騒がれるほどの人気歌手上野を育てあげたのは吉永プロのマネージャー衛子である。彼女はある日、職にあぶれていたバンドマンの健二を拾ってやった。健二はその帰り、陸橋にたたずんでいる光子という女に声をかけた。事情があって家に帰れないという光子を、健二は自分のアパートへ連れていった。翌日、健二は光子を連れ衛子の事務所を訪れた。光子の働く場所も頼んだ。衛子は健二を著名な楽団に推薦してくれた。来合わせていたミュージック・ホールのマネージャー丸岡は、光子にヌード・ダンサーとして舞台に立たないかと誘った。光子は引き受ける決心をした。--衛子は上野と関係をもっていた。しかし、上野はそんな生活にあきていた。彼は巴里座で訓練を受けている光子を誘い出した。それを見ていた衛子は、上野を引きとめておく力が自分にないのを感じ、丸岡と相談して上野と光子を結びつけようと考えた。丸岡が光子に、上野とつき合ってくれとクドいた。光子は健二に相談した。しかし、健二の言葉は無情だった。光子は上野との一夜が明けると、取引が済んだから帰ると言った。光子を愛していた上野は怒った。上野は怒りをぶちまけるようにステージで烈しく歌った。その彼を狙う銃口があった。光子が前にだまされた田島だった。彼は光子が上野の世話になっていると思ったのだ。健二がピストルを取上げた。彼はいま光子に上野と寝て来たと言われたのだ。ピストルが鳴った。--上野は軽い怪我をしただけだった。警察署の控室では、面会を許されるまでと光子が坐り続けていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。