日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

闇に光る眼(1960)
ヤミニヒカルメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年03月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Fighters on Passage  
上映時間
50分  

島田一男の「俺は見ている」を阿部桂一が脚色、「おヤエの初恋先生」の春原政久が監督したアクション・ドラマ。「傷だらけの掟」の山崎安一郎が撮影した。

スタッフ

企画
大塚和
原作
島田一男
脚色
阿部桂一
監督
春原政久
撮影
山崎安一郎
音楽
奥村一
美術
千葉一彦
照明
安藤真之助
録音
宮永晋
編集
丹治睦夫

ストーリー

暴力事件続発--。非番を新妻の好子と楽しんでいた庄司刑事は、暴力団狩りこみの非常召集をうけて出署した。兄の非常召集の時には弟の繁夫が好子と留守居するのがならわしだった。繁夫は、兄に内緒でアルバイトをしている喫茶店ロンバートへ欠勤の電話をかけたが、ロンバートではマダムの静江が電話をきいてなぜかニヤリとした。庄司は署で新米刑事の遠藤に狩りこみの要領を教えた。遠藤は中村部長刑事の娘貴美子と近く結婚する。ロンバートは暴力団東西組の根城で、政吉を囲んですでに狩りこみを察知していた。狩りこみは果して不成功、大物の東西組になぜ情報が度々もれるのか、解せないことだった。その頃、三宝事件が起った。三宝製薬からヘロインを奪い、守衛が殺された。落ちていたピストル型ライターを手がかりに、東西組を睨らんだが、証拠は不充分だった。署内は殺気立った。庄司も繁夫からアルバイトさせてくれと言われ、激怒した。両親を失い、兄一人の手で育てられた繁夫だったが、今度ばかりは反抗して家を出てしまった。繁夫を愛想良く迎えたのはロンバートのマダムで、その歓待ぶりを政吉が苦々しく見ていた。遠藤刑事は時計屋の主人から、東西組のチンピラがピストルライターを奪ったこと、ロンバートが根城で、しかもそこで繁夫が働いていることを聞きこんだ。ロンバートの二階で静江と政吉の話をもれ聞いた繁夫は、狩りこみの情報をもらしたのが自分のかけた電話であったことを知って愕然としたが、すでに遅く政吉に監禁された。仕打ちのひどさに繁夫をかばう静江を見て、嫉妬に狂った政吉は静江を射殺した。遠藤刑事の報告に警察側はロンバートを包囲した。必死の抵抗を試みた繁夫のために、政吉は庄司の拳銃にあえなくその命を断った。弟は兄に深く詫びた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。