日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

今夜の恋に生きるんだ
コンヤノコイニイキルンダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年04月06日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
48分  

若井基成の脚本を、「街に出た野獣」の山内亮一が監督した歌謡アクション・ドラマ。撮影は「影のない妖婦」の柿田勇。

スタッフ

企画
笹井英男
脚本
若井基成
監督
山内亮一
撮影
柿田勇
音楽
池田正義
美術
柳生一夫
照明
吉田協佐
録音
古山恒夫

ストーリー

殺し屋の小山は、ボス田島の命令で麻薬中毒になった麻薬の運び人村野を殺した。田島は表むき化粧品商会の社長、キャバレー“五番街”の経営者だが、実は麻薬取引きを牛耳るボスだった。田島は村野の代りとして、“五番街”で働らく美子に目をつけた。何も知らぬ美子は喜んでひきうけた。田島の乾分で美子の恋人である牧は不吉な予感にとらわれた。一方、村野の死体から麻薬が発見され、捜査当局は色めきたった。担当の安達刑事ははこび人を洗い出した。ついに美子が村野のあとつぎをやっていることをつきとめたが、同時にそれは小山にも感づかれていた。夜の街角、小山は美子を狙った。が、突如疾走してきた車が妨害した。牧だ。彼は麻薬の秘密を知り、美子が狙われているのを知って駈けつけたのだ。牧と小山は断崖の上で対決した。牧の拳銃の方が一瞬すばやかった。小山は断崖から落ちた--。牧は美子を“五番街”の歌手で親友の藤川のもとにかくまった。その頃小山が全身傷だらけで田島の前に現われた。やがて、小山は美子のかくれ家をつきとめ、彼女をさらって倉庫に閉じこめた。牧は単身倉庫にのりこんだ。美子を救い出したが、弾を射ちつくし追いつめられた。その時、藤川を先頭に安達刑事らの一隊が駈けつけた。小山は射殺され、田島一味は逮捕された。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。