日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

次郎物語(1960)
ジロウモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年03月04日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

下村湖人の原作を、「明治大帝と乃木将軍」の館岡謙之助が脚色、「聖女と拳銃」の野崎正郎が監督したおなじみの物語。次郎には“こじか座”の中森康博が起用されている他、大鵬関が特別出演している。撮影は「痛快なる花婿」の森田俊保。

スタッフ

製作
植野哲雄
原作
下村湖人
脚色
館岡謙之助
監督
野崎正郎
撮影
森田俊保
音楽
加藤三雄
美術
熊谷正雄
照明
須藤清治
録音
妹尾芳三郎
編集
杉原よ志

ストーリー

昭和二年、次郎は九歳になった。彼には兄・恭一、弟・俊三の兄弟がいたが、母・お民の乳が足りぬため、今までお浜の許へ里子に出されていたのだった。兄弟は「士族」の子らしく成長したが、次郎は「庶民」の子に育っていた。そのため、祖母や母に冷たく扱われた。次郎の味方になってくれるのは、父と飯たきのお糸婆さんだった。学校からの帰り道、次郎はお糸婆さんの家をさがしている関取に会った。病気で親類に帰っているお糸婆さんの許に案内した。関取は大豊といい、お糸の孫だった。大豊も次郎と同じく里子だった。里子でもこんなに大きく強くなれると知って次郎は嬉しかった。翌日、恭一が悪童の鉄五郎にいじめられているのに会い、次郎は飛びかかった。次郎は怪我をした。青木医院の春子がとてもやさしくしてくれた。次郎の父は他人の連帯保証をして、その請判のことから家を整理しなければならなくなった。そんなことが重なり、母は病気になった。次郎は真剣に看病した。だが、次郎の看病の甲斐もなく、お民は死んでしまった。次郎は泣きながらも、お浜に正直な立派な人になると約束した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。