日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

拳銃無頼帖 抜き射ちの竜
ケンジュウブライチョウヌキウチノリュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年02月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

城戸礼の原作を、「傷だらけの掟」の山崎巌が脚色し「銀座旋風児 黒幕は誰だ」のコンビ野口博志が監督し、永塚一栄が撮影したアクション・ドラマ。

スタッフ

企画
浅田健三
原作
城戸礼
脚色
山崎巌
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
山本直純
美術
大鶴泰弘
照明
高橋勇
録音
福島信雅
編集
辻井正則

ストーリー

銀座の裏通りにある病院から、一人の麻薬患者が退院した。竜二こと“抜き射ちの竜”だ。彼は相手の肩を射抜く、殺さぬ殺し屋として怖れられていた。竜二は宮地組組長の宮地と幹部の三田を射った後、禁断症状で気を失ったのだが救けられて病院へかつぎこまれた。救った男は“コルトの銀”だった。竜二は入院費を出してくれた楊三元という男の用心棒になった。楊は麻薬密輸団のボスで、その売りさばきは堀組の手を通していたが、最近堀組に当局の手が廻りはじめたので、堀組と手を切ろうと決心していた。竜二は洋装店のマダム房江の部屋で、思いがけぬ男を見た。圭吉だった。彼は元プロ・ボクサーで、竜二の弟分だったが、今は廃人同様の麻薬患者になっていた。ある夜、竜二が始めて楊のために仕事をした帰途、警官に車にかくした麻薬を捜された。楊の一味で、密告した裏切り者がいるらしい。竜二が行くところへ、いつも姿を現わす女がいた。同じアパートにいるみどりという女だった。竜二は詰問したが、誤解だった。大きな麻薬取引が近づいた。楊は堀の口をふさぐことを竜二に命じた。竜二は銀と共に堀の事務所に乗りこんだ。わめく堀を銀が射殺した。さらに銀は、圭吉を射ち、みどりまで捕えようとした。竜二はみどりを助け、二人は愛を誓った。裏切り者はトランペット吹きの石井だった。彼はみどりの兄で、麻薬取締官だったのだ。圭吉が楊に射たれ血まみれになって転りこんで来た。竜二は怒った。倉庫街。激しい射撃戦の後、楊一味はことごとく倒れた。駈けつけた石井が、肩を射抜かれた楊に手錠をかけた。パトカーに乗る竜二に、みどりが近づいた--。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。