日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

まぼろし探偵 地底人襲来
マボロシタンテイチテイジンシュウライ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年02月14日 
製作会社
三東竜映 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
51分  

少年画報に連載され、テレビでも放映された桑田次郎の「まぼろし探偵」を映画化したもの。脚色・柳川創造、監督・近藤竜太郎、撮影・川口和男。

スタッフ

製作
松村高勇
企画
山部徹郎
原作
桑田次郎
原案
関沢新一
脚色
柳川創造
監督
近藤竜太郎
撮影
川口和男
音楽
渡辺浦人
美術
伊藤寿一
照明
大沼正喜
録音
山元三弥

ストーリー

東京の街に、怪奇な殺人事件が続発した。絞殺死体から眼球をえぐりとってゆく残忍な殺人犯だ。日の丸新聞の進(まぼろし探偵)は、科学的見解を得るために吉野博士を訪れた。博士も結論は出せなかった。しかし、博士は自作の光線ピストルを進に与えて励ました。国際劇場、楽屋風呂に入っていた踊子は、鏡の中に地底人Xの姿を発見した。駈けつけたまぼろし探偵は後を追った。と、大地が揺れて地割れの中から地底人Y・Z・Wが出現した。光線ピストルではびくともしない。まぼろし探偵は地底人の目を狙った。と、地底人はのたうち廻りながら地中に潜った。地底国は、落盤のために住む場所を狭められ、地球上に進出を図ったが、視力の弱い彼らは、地球上の光線に耐えられる眼球の研究を急いでいたのだ。吉野博士は地底人壊滅のための研究を始めた。地底人は中止しなければ博士の家族を襲撃すると放送して来た。博士の令嬢を伊賀保に避難させる途中、上州街道で地底人が襲ったが、まぼろし探偵の活躍で事なきを得た。数日後、博士の研究が完成した。特殊電波を利用した人工地震装置を海底に投下し、地底人の住む地下二十五キロ附近の爆破に成功、かくて地底団は潰滅した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。