日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒い花びら
クロイハナビラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年01月27日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
Yellow Zone  
上映時間
67分  

水原弘のヒット・ソングの映画化で、自ら主演する。川瀬治・原島正夫の脚本を、「未婚」の瑞穂春海が監督し、「飛びっちょ勘太郎」の杉本正二郎が撮影した。

スタッフ

製作
山崎喜暉
脚本
川瀬治原島正夫
監督
瑞穂春海
撮影
杉本正二郎
音楽
中村八大
美術
小島基司
照明
伊藤盛四郎
録音
酒井栄三

ストーリー

バー「キセロ」のバーテン弘は、両親がいず一時グレていたが、今は恋人光子と新生活を誓う仲だった。近所のアパートに住む新二は、弘を実兄のように慕っていた。ある日、ヤクザの熊木たちが弘の前に現われた。弘の昔の仲間だった。彼らは工場の現金輸送車を強奪する計画をたてていた。そのためには、その工場の守衛服が必要だった。新二の父が守衛長をしていることを知り、新二に盗み出させるよう弘を脅迫した。光子に昔のことをバラすと言って。やむなく、弘は熊木の申入れを受けた。彼らは現金輸送車を襲い、一千万円にのぼる工場の賞与を強奪することができた。事件の内容を聞いた新二は自分が一役買ったことを知り怒った。弘に罵声を浴びせ、弘の部屋に預けてあったガラクタ箱を持って飛び出した。新二は外に出ると、ガラクタ箱をたたきつけた。一万円札の束が散った。熊木らが隠したものだった。熊木たちは新二を追った。弘も新二の身を案じて、熊木たちの後を追った。新二は建築中の高い足場にしがみついた。足をすべらせた。金包は落ち熊木の手に入った。弘と熊木の格闘。警官隊が駈けつけた。新二は救われた。熊木らとともに、弘も連行されて行く。腕時計を見た。八時は過ぎていた。光子と上野駅で落合い北海道へ行く約束をしてあったのだ。護送車に乗せられた弘は光子を思いながら歌った。黒い花びら 静かに散った--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。