日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口
サラリーガールドクホンムダグチカゲグチヘラズグチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年01月09日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「顔役と爆弾娘」の若尾徳平の脚本を、「サラリーマン十戒」の岩城英二が監督したサラリーガールもの。「恐るべき火遊び」の小泉福造が撮影した。

スタッフ

製作
安達英三郎
脚本
若尾徳平
監督
岩城英二
撮影
小泉福造
音楽
馬渡誠一
美術
小川一男
照明
高島利雄
録音
上原正直

ストーリー

東京駅近くにある第三ホテルには、支配人滝とメイド主任勝子のもと、たくさんのメイド達が働いている。遅刻常習犯であわて者のメイド玉子は、滝と勝子に叱られて断然辞職してしまった。さて、ホテルの社長十郎左衛門の息子五郎がアメリカ留学から帰ってくることとなった。五郎がヒゲを生やしている男だと聞いた従業員達は、よろず代理業鏑屋を五郎とまちがえて大騒ぎした。結局、五郎が客を装って既にホテルに来ていて、この騒ぎを抑えた。五郎の従兄の岡野が大阪から上京してきた。彼はメイドの英子が気に入って、彼女を自分の経営するナイトクラブのホステスに欲しがった。英子はエレガントで気の利くホテル一のメイドである。それを英子に伝えようとした五郎は、実は自分も彼女を愛しているのに気づいて、突然プロポーズした。やがて、ホテル従業員達が楽しみにしている慰安旅行の日がやってきた。だが、温泉旅館について一息入れた彼等の前には、一向にごちそうが運ばれてこない。何とこの旅館の従業員達も慰安旅行に出ていて、雨で氾濫した川のため帰れなくなっているのだという。早速第三ホテル従業員一同は、腕におぼえのあるサービスを申し出て、宿泊者達の世話を完全にやってのけた。みんなが帰ってきた第三ホテルには、流行女流作家松宮登紀子が泊りにきた。ところが彼女は五郎に恋をしてしまった。週刊誌のキャメラマンが、そんな五郎と登紀子を写して、スキャンダルとしてすっぱ抜いた。五郎は夢中で英子の誤解をといた。すると意外にも、英子は十郎左衛門が選んだ五郎の花嫁候補であるのがわかった。彼女はメイドとなって五郎を観察していたのである。めでたしめでたしである。ジャズ歌手になった玉子がホテルに泊りに来た晩、五郎と英子はウェディング・マーチの鳴るうちに、ホテルから新婚旅行に出発した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。