日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

傷だらけの掟
キズダラケノオキテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1960年01月09日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Ogre in Mt.Oe  
上映時間
79分  

川瀬昌治の原作を、「無言の乱斗」の山崎巌と、野村孝が脚色し、「浮気の季節」の阿部豊が監督したもので、ヤクザの兄弟愛を描いたアクション・ドラマ。撮影は山崎安一郎。

スタッフ

企画
児井英生
原作
川瀬昌治
脚色
山崎巌野村孝
監督
阿部豊
撮影
山崎安一郎
音楽
真鍋理一郎
美術
中村公彦
照明
三尾三郎
録音
米津次男
編集
辻井正則

ストーリー

保夫は、バー「キャンドル」で飲んだハイボールの法外な値段に驚き、逃げ出そうとした。が、花山組の連中に囲まれた。「キャンドル」の経営者は組長の花山だ。保夫は、形見と称する七万円の時計をかたに、二千円を借りて出た。花山たちは、保夫が日頃敵視している野田組の身内とは気づかなかった。保夫はインチキ時計を売るケイちゃん売りである。ケイちゃん売りを始めると、また花山組の乾分につかまった。これを目撃した花屋のマダム吟子が保夫の兄の五郎に連絡した。五郎は野田組の幹部である。しかし、弟がケイちゃん売りをしているとは知らなかった。花山の事務所から保夫の身柄を引取り、二人は口論した。--花山組が勢力を拡大していくので、野田組長も景品買い、ダフ屋何でもやれという方針を言い渡した。五郎は不服だったが、育てられた野田組長自身の発案だけに協力を誓った。野田組に麻薬の委任話が持ち上ったが、花山がやって来て、保夫の身柄と交換に麻薬から手を引けというのだ。保夫が「キャンドル」の女給ユキをかどわかしたからだと言う。五郎は保夫を殴ったが、保夫はユキと一緒になりたいと言った。野田は五郎に、花山を殺すよう命じた。五郎は実行した。しかし、吟子から意外なことを聞かされた。保夫が野田組の連中に追いかけられているというのだ。野田は花山の殺害者に保夫を仕立てたのだ。花山の死体の傍におびき寄せ、射殺するつもりだった。五郎は怒った。野田を殺した。保夫は、今度は花山殺しとして花山組の乾分に追いかけられていた。屋上に追いつめられた。と、五郎が駈けつけ彼らを撃った。雨が降って来た。煙草をつけた五郎は、その瞬間飛んだ。野田組の幹部に撃たれたのだ。--保夫はユキと、駅へ急いだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。