日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

昼下りの暴力
ヒルサガリノボウリョク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年12月14日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Might Rules  
上映時間
82分  

秋元隆太・柳瀬観の脚本を、「銀座旋風児」のコンビ野口博志が監督し、永塚一栄が撮影したアクション・ドラマ。

スタッフ

企画
岩井金男
脚本
秋元隆太柳瀬観
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
山本直純
美術
小池一美
照明
河野愛三
録音
高橋三郎
編集
辻井正則

ストーリー

夜の操車場--坂本組の二郎は数人のチンピラと喧嘩をしていた。多勢に無勢で形勢は不利。その時、坂本組一の乾分定こと鈴木定夫が応援に来て、彼の難を救った。その帰り定はボスの坂本に呼ばれナイトクラブ“ピーコック”に行った。坂本は組再興のために麻薬取引の大仕事を頼まれた。定は二郎を自分と組んでボスを裏切る計画に誘った。仁義を重んじる二郎は、恩義のためにしぶしぶ承諾した。定は取引の相棒に殺し屋の三田を傭った。二郎は三田とウマがあわなかった。三人は車で箱根の山奥へ向った。そこには自動車があり、三つの黒い影が待っていた。現金と麻薬の交換、それに手がふれた時、三田の拳銃が火を吐いた。相手の三人は死んだ。と同時に三田は定の拳銃を叩き落した。三田が一人じめしようとしたのだ。が、隠し持った定の拳銃は三田を谷底に突き落した。傷ついた二郎から相手のダマシ討ちの報を聞いた坂本は、定の裏切りとは気づかなかった。一方、定は東京湾に浮かぶ旧日本軍の砲台跡に姿を現わした。その壁のレンガをはずし、麻薬と金を隠した。二郎は傷の手当をして恋人・幸子のアパートに行った。外には坂本組の連中が監視していた。警察は谷底に落ちた重傷の三田から事件を知った。坂本と取引した関西から刺客の深見とパブロが送られ、警察のスキをみて三田を射殺した。定は深見から定の裏切りを知った。その時、背後から定の傭った殺し屋藤巻が彼を射った。二郎は幸子のとめるのも聞かず、定との会合場所に行った。そこでかつての戦友藤巻と会った。ボートで砲台跡に向った。ボートの中には坂本の情婦澄子がいた。彼女は定と通じていたのだ。走り出そうとした瞬間坂本の乾分・鍛冶と山本が乗りこんできて、定たちのピストルを取りあげた。ボートが島に着いた。山本と鍛冶は定に射殺され、二郎をも殺そうとした。その時、藤巻の消音拳銃が一瞬早く定を射ち、二郎を助けた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。