日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大学の御令嬢
ダイガクノゴレイジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年11月15日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「坊ちゃんとワンマン親爺」の近江俊郎が、原作・脚色・監督を担当した青春喜劇。脚色には「狂った欲望」の共同執筆者・松井稔が加わり、「十代の曲り角」の岩橋秀光が撮影した。

スタッフ

製作
近江俊郎
企画
柴田真造
原作
近江俊郎
脚色
近江俊郎松井稔
監督
近江俊郎
撮影
岩橋秀光
音楽
原六朗
美術
宇寿山武夫
照明
守田秀彦
録音
深尾昌司

ストーリー

リタ・ダバオがフィリピンから留学して来、昭和大学の白薔薇寮に入った。同室は、野村ひとみ、南条のり子、倉持兼代、高木幸子の四人。皆の関心がリタに集中したので幸子は面白くない。着ているものを脱いで洗濯を始めた。ヒスが起った時の癖だ。これを、寮の向いの下宿屋の二階で四人組の学生が望遠鏡でのぞいている。リタは日本にいる父を探すのが留学の目的だと言った。皆は協力を約した。--兼代と四人組の一人山本は恋仲だった。一日、ドライブに出かけたが、車がエンコした。同室では点呼真近かでヒヤヒヤしていた。リタが白いカーテンをかぶって飛出し、お化けと間違えた舎監は卒倒した。が、幸子を除いた室の全員が一週間の外出禁止となった。幸子の父・悠蔵が舎監に会って帰ろうとすると、リタと幸子が口論中だった。リタの顔が、フィリピンに残して来た恋人に瓜二つだった。リタと悠蔵は対面した。父娘は抱き合った。創立三十周年記念音楽祭が開かれた。皆から拍手に迎えられて歌うリタの眼は涙で光っていたようだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました