日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

偽りの情事
イツワリノジョウジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1959年10月08日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
67分  

「人形佐七捕物帖 鮮血の乳房」のコンビ金田光夫と小宮一彦のオリジナル・シナリオを、同じく「人形佐七捕物帖 鮮血の乳房」の小野田嘉幹が監督した、ハイティーンの無軌道ぶりを描いたもの。「静かなり暁の戦場」の吉田重業が撮影した。

スタッフ

製作
大蔵満彦
脚本
金田光夫小宮一彦
監督
小野田嘉幹
撮影
吉田重業
音楽
渡辺宙明
美術
宇寿山武夫
照明
石森浩
録音
竹口一雄

ストーリー

真二はジャズ喫茶で、グレン隊にインネンをつけられている沙智子を助けてやった。その夜父と継母と口論し、家を飛び出し愛人・瑠美のアパートへころがりこんだ。仲間の矢島が二人の室へ入って来た。麻雀で五万円すってしまい、月謝をとられてしまったので都合してほしいというのだ。真二はバーのマダム麻子にもちかけたが、断わられた。--瑠美はアルバイトにヌード・モデルをやっている。仲間を探しにジャズ喫茶に行き、裏の部屋を鍵穴からのぞいた。真二と矢島の手のひらに、火のついたマッチの軸が逆さになって突立っていた。真二は五万円、矢島は恋人の信子を賭けたのだ。やがて、矢島が力尽きて腕を下した。連れこみホテル、事情を知った信子が観念したようにベッドに横たわるのを見ると、真二もやりきれなくなってそこを飛び出した。金は作ってやるから信子を大切にしてやれと、腹立たしげに矢島に言った。真二は沙智子の兄の春彦を尋ね、彼と麻子との秘密をタネに五万円の小切手を切らせた。同時に、沙智子からは一切手を引くことを誓った。その小切手を信子に渡してやった。モデル斡旋所で、瑠美が茅ケ崎に出張していると聞いた。彼女はモデルとしてではなく好色漢の好餌となりつつあった。一瞬、真二が駆けこみブラウスを裂かれ胸をはだけた瑠美を助け出し、二人は抱き合った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。