日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風のある道
カゼノアルミチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年09月13日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

婦人画報に連載された川端康成の原作を、矢代静一・山内亮一・西河克己が共同で脚色し、「若い傾斜」の西河克己が監督したメロドラマ。撮影も同じく「若い傾斜」の伊佐山三郎が担当した。

スタッフ

企画
高木雅行
原作
川端康成
脚色
矢代静一山内亮一西河克己
監督
西河克己
撮影
伊佐山三郎
音楽
池田正義
美術
佐谷晃能
照明
高橋勇
録音
中村敏夫
編集
鈴木晄

ストーリー

竹島家の長女・恵子は華やかな祝福を受けて嫁いで行った。その夜、次女の直子は近づいた華道矢田流の後継者・光介との結婚について考えた。家元である光介の母が結婚式場で再起不能の病に倒れたため、光介との結婚が急がれることになったのである。が、直子は光介の性格にある種の不安を覚えていた。--直子は、光介が主宰する新作発表会の会場で、精神薄弱児収容所みどり学園の教師をしている小林を知った。率直で飾り気のない人格に惹かれた。ある日、直子は母と旅行に出た。母の計らいで来た光介と出会った。その夜、光介の勧める酒に酔った直子は、彼の部屋へ誘い入れられていた--。小林が直子の家を訪れた。偶然、光介もやって来、婚約発表と、矢田流の新しい企画をたてるためにアメリカ行を申し出た。その場の空気に気がねした小林が、帰ろうと時計を取り出した時、それを見た母の宮子の顔色が変った。数日後、宮子はみどり学園をたずねた。宮子は小林の亡き父が、自分のかつての恋人であることを知った。矢田会館が設立の運びとなった。その華々しさが話題となった。が、光介にとっては華道における直子の実力が必要だった。直子は気が進まなかった。が、湖畔での光介との一夜があった。みどり学園の有力後援者・大川が、自分の息子の扱いを不満として小林の解職を迫った。小林はブラジルの孤児院へ行くことになった。直子の婚約発表の日、小林はホテルヘ駈けつけ、直子に一緒にブラジルへ行くよう頼んだ。だが、宮子やボーイたちにさえぎられた。直子が光介と羽田からアメリカへ発つ日、小林も横浜を出ることになった。玄関に立つ直子に父の高秋は「自分の道を歩まなかったという心の傷は人を一生不幸にするものだ」と言った。直子は動揺した。直子の胸に、忘れようと努めた小林の面影がよみがえった。車が横浜と羽田の別れ道にさしかかった。直子は運転手に「横浜へ行って下さい」とつぶやいた。小林の待つ横浜への道--これが直子の選んだ幸せへの道だった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。