日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アイ・ラブ・ユウ(1959)
アイラブユウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年08月23日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

馬場当の原作を「幸福な家族」の松山善三が脚色し、「頑張れゴキゲン娘」の古沢憲吾が監督した青春喜劇。なお、封切が前後したが、これが古沢監督の第一回作品である。撮影は「私は貝になりたい」の中井朝一。

スタッフ

製作
山本紫朗
原作
馬場当
脚色
松山善三
監督
古沢憲吾
撮影
中井朝一
音楽
三保敬太郎
美術
北辰雄
照明
小島正七
録音
西川善男

ストーリー

巣鴨のとげぬき地蔵境内、神崎葬儀店の主人庄助は地蔵のお尻を撫でまわしている娘と知り合った。娘は紅子といい、製薬会社の宣伝ガールで、縁遠いので御利益にあずかるために来たのだ。庄助に息子がいると聞いて大喜びだった。しかし、その息子福一は、菓子屋万機庵の娘・泉と相思相愛の仲なのである。庄助と万機魔の主人寅雄は仲が悪い。泉には、親同士で決めた成願寺の若僧・録木がいる。録木は、パット・ブーンのファンで、水色のパンツをはいているというモダン坊主である。紅子は福一に熱を上げはじめた。録木は、“アイ・ラブ・ユー”と泉に求婚した。泉は福一のことを打明け、日の出湯の圭子が録木を好きだと言った。--録木の父・録林が死んだ。録木はお経をあげていたが、墓地で泉と福一が逢びきしているのを見、決闘を申しこんだ。が、泣いて止める泉に、二人はやむなく和解した。福一は日の出湯で寅雄に会った。二人は湯槽の中でやり合い、寅雄は失神して家へかつぎこまれた。福一を泉にとられ逆上した紅子が飛びこんで来た。もとはと言えば、庄助が泉を福一の妹だと偽ったのが原因なのである。泉と福一は家出を宣言した。困った庄助は、寅雄に自分から口を聞く決心をした。翌朝、庄助と寅雄はバツが悪そうに言葉をかわしていた。これを見て、福一は泉の許へ駈けて行った。日の出湯では、録木と圭子が仲よく浴場を洗っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。