日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜霧の空港
ヨギリノクウコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年09月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
62分  

秋元隆太・中山淳太朗の原作を、秋元隆太と鈴樹三千夫が脚色し「だから云ったじゃないの」の堀池清が監督した歌謡映画。「俺は淋しいんだ」の中尾利太郎が撮影した。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
秋元隆太中山淳太朗
脚色
秋元隆太鈴樹三千夫
監督
堀池清
撮影
中尾利太郎
音楽
河辺公一
美術
中村公彦
照明
安藤真之助
録音
沼倉範夫
編集
近藤光雄

ストーリー

東京検察庁で、慎吾は井口検事に取調べを受けた。彼は城北大学大学院の学生だ。作曲家志望で、フランス留学をめざしていた。“授業料値上げ反対”のデモで、公務執行妨害、傷害の疑いをかけられたのだ。見知らぬ女子学生を警官隊の暴力から救ったからだ。女子学生の名前も身許もわからなかったので、井口検事は慎吾の言葉を信じなかった。身柄不拘束の裁判を受けることに決った。慎吾は数日後、学校でその女子学生に出会った。二人は語り合う。慎吾は孤児だった。女は秋子といい、仏文専攻の学生だった。子供の頃から病弱だといった。それから、二人は度度逢った。留学生試験の前日、慎吾とあった後、秋子は一人の刑事から、彼の関係をいろいろきかれた。彼女の父は城南大学の校長だった。秋子は父と継母の富枝から彼とつきあうなといわれる。翌日、留学生試験が終り、約束の場所へついた時、秋子の姿はなかった。検察庁からは喚問状が来ていた。井口検事は秋子との関係を追求してきた。慎吾は沈黙を守った。数日後彼は秋子の家を訪ねた。富枝は秋子が交際を断るといったと伝えた。慎吾の起訴処分が決り、彼は停学になった。が、留学生試験には合格した。友達の藤村は彼を励した。秋子は高原のサナトリュームにいた。また発病したのだ。慎吾あての手紙は、富枝が届けさせなかった。それを知ると、秋子は慎吾のもとへ行き、彼を元気づけた。翌日から、彼は判事や、井口検事を歴訪し、留学許可を願った。秋子も父の友人の井口検事に頼むが、効果はなかった。慎吾は絶望し、自殺を計る。秋子は彼に輸血し、はげます。慎吾は立直り、裁判にのぞんだ。初めて秋子の名を明しまた自分の行動を恥じぬといった。裁判が終った時、条件つきで出国許可が下りた。井口検事が保証人になっていた。--慎吾は病床の秋子に励まされて出立した。しかし、その日、秋子は死んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。