日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

汚れた顔
ヨゴレタカオ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月28日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
42分  

笹川弘三の原案から「愛は空の果てへ」の岡田光治が脚本を書き、「夜霧に消えたチャコ」の森永健次郎が監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「トップ屋取材帖 拳銃街一丁目」の間宮義雄。

スタッフ

企画
茂木了次
原案
笹川弘三
脚本
岡田光治
監督
森永健次郎
撮影
間宮義雄
音楽
馬渡誠一
美術
西亥一郎
照明
高橋勇
録音
福島信雅
編集
丹治睦夫

ストーリー

地下駐車場の建設汚職事件にからんで行方不明になっていた岩田が東京駅へ降り立った。岩田は沢村建設の社長沢村に電話をかけた。春野刑事はこれをみ、部下の大山に尾行を命じた。岩田は沢村建設を訪れた。吉本啓子が秘書になっているのを知って驚いた。啓子は岩田の課長の娘で、岩田の婚約者である。岩田が東京に姿を現わしたのは、事件の中心人物と見られていた啓子の父が、酔って大森海岸で死ぬという事件が起ったからなのだ。岩田は、ナイトクラブ“赤い城”に行った。沢村に会い、札束を返した。汚職事件から岩田が身を隠すため沢村から受取ったものだった。“赤い城”を出た岩田は愚連隊にインネンをつけられたが、大山に助けられた。岩田は春野の世話で仕事にありついた。沢村建設のビル工事現場だった。岩田が自分の工事現場にいるのに気づいた沢村は、岩田謀殺を図った。“赤い城”のマダム・ユキは、沢村が建設中の“ドリームセンター”を啓子にやらせると聞き、沢村を責めた。「人をさんざん利用して、吉本さんを海に突き落した時だって……」という言葉に沢村はユキを殴り倒した。啓子がこの争いを見ていた。ビル建設の工事現場。啓子と岩田の前に、沢村一味が立ちふさがった。銃声がして、倒れたのはユキだった。岩田は腕を射たれた。と春野が駈けつけた。沢村の手に錠がかかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。