日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おヤエの女中と幽霊
オヤエノジョチュウトユウレイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
52分  

おヤエの女中シリーズの第五篇。「おヤエのあんま天国」の高橋二三の脚本を、「俺は淋しいんだ」の小杉勇が監督し、「おヤエのあんま天国」の峰重義が撮影した。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
高橋二三
監督
小杉勇
撮影
峰重義
音楽
山本直純
美術
小池一美
照明
三尾三郎
録音
宮永晋

ストーリー

女中のおヤエは奉公先を探しまわるが、どこでも雇ってくれない。一匹の黒猫を連れているからだ。その猫は、前の奉公先の御隠居菊乃婆さんの形見で、菊乃から時価十万円のダイヤを養育費代りに取っているので、捨てるわけにはいかないのだ。ようやくクロをバスケットに隠して鍋山家へ就職することができた。桃子という娘と台所にいた時、不思議なことが起った。ビールの栓が自然にはずれたり、料理が消えて失くなったり、水道の水がひとりでに出てくるのだ。おヤエは驚いて手にした皿を割った。その皿は、鍋山家先祖伝来の家宝だった。桃子はおヤエをかばった。桃子は主人の武之が芸者に生ませた娘だったので、リエ夫人から冷い仕打ちを受けているのだ。今度は、武之にクロが見つかってしまった。仕方なくおヤエは捨てに行ったが、と菊乃の幽霊が出て来た。おヤエは一計を案じて、クロを犬猫病院に入院させた。桃子は貿易会社の社長と称する葛原という男との縁談を持ちこまれて困っていた。おヤエは、見合の最中、猫を使って幽霊を呼び出しブチこわした。おかげでクビになった。桃子が後を追って家出した。おヤエは桃子と恋人の五郎の結婚をとりもつことになり、ダイヤを売った。ところがこれは二千円なりの代物だった。一方、葛原が密輸団のボスであることが分り、リエと桃子の間も円満解決となった。が、葛原が拳銃を片手に押入った。この場も幽霊の活躍で、葛原を撃退した。桃子と五郎は結婚式を挙げた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。