日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女子大学生 私は勝負する
ジョシダイガクセイワタシハショウブスル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年07月28日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Cola Game  
上映時間
88分  

門脇順子の原作を、「拳銃0号」の共同執筆者・寺田信義が脚色し、「僕らの母さん」の板谷紀之が監督したもので、大学生の無軌道な生態を描いたもの。撮影は「愛妻記」の栗林実。

スタッフ

製作
金原文雄
原作
門脇順子
脚色
寺田信義
監督
板谷紀之
撮影
栗林実
音楽
池野成
美術
狩野健
照明
伊藤盛四郎
録音
酒井栄三

ストーリー

ジャズをかけっぱなしで、若者たちをのせた一台のオープンカーが、前方の女の子の運転する車を追跡していく。彼女らの車は、さらに前方を走る高級車めがけてスピードを上げる。高級車の横をすり抜けて廻りこみ、急ブレーキをかけて衝突する。--大木真、典子の兄妹を主謀とする男女学生のグループである。このグループに新参が現われた。典子のバースデイ・パーティに相手を物色中の、二宮の誘惑戦術にひっかかった建築科の学生・門脇順子である。彼女はそのパーティで、将来を約束した同級生の奥平と会った。奥平は典子の誘惑にひっかかったのだ。順子と奥平は、二宮や典子を無視して二人だけで踊り始めた。二宮がやにわに日本刀をとって決闘を挑んだ。順子が前に出た。--海浜。車座になった彼らの真中に置かれた台の上で、コカコーラの瓶が廻っている。止まった瓶の口と底に指された者同士が出て、男女ならば接吻、それがいやならば「質草」といって着ているものを脱ぐという遊びだ。順子と二宮を指して瓶が止まった。順子は「質草」を選んだ。全裸。真が飛び出して彼女の前に立ちはだかる。これが縁で、二人は意気投合し同棲するようになった。が、同棲が親に知れて送金がとだえ、順子は製図のアルバイトをして稼がねばならなくなった。バイト先で、建築技師の平河に合い、惹かれた。平河とヨットハーバーへ出かけた。偶然にも、真らのグループと出くわした。真は、順子と平河の乗るボートめがけて驀進した。瞬間、真のボートは岩に激突、彼は死んだ。--首謀者真が死んだことに悲しむ風もない若者たちは、今日もジャズをかけっぱなしであてもなく車を飛ばしている。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。