日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

檻の中の野郎たち
オリノナカノヤロウタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年08月04日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
67分  

「まり子自叙伝 花咲く星座」の関沢新一の脚本を、新人第一回の川崎徹広が監督した青春喜劇。撮影は「野獣死すべし(1959)」の小泉福造。

スタッフ

製作
山本紫朗三輪礼二
脚本
関沢新一
監督
川崎徹広
撮影
小泉福造
音楽
中村八大
美術
阿久根巖
照明
石井長四郎
録音
藤縄正一

ストーリー

ヒカリ少年矯正院、ミッキーと敬次が親分格だ。森田という新入りがあった。シャバに置いてきた女ナオミのことで、ハリケン吉と決闘することになっているとかで、入ったその晩から脱走を図った。ミッキーと敬次も応援、三人揃って少年院を飛び出した。表にはナオミとハリケン吉が待機していた。彼らが果し合いをしていると、セダンとパトカーが走ってきた。手配が廻ったかと逃げ出すと、二台の車は彼らを見向きもせず行ってしまった。彼らは落ちていたギターを持って、ナオミの家、教会へ行った。このギターには、警察へ追われた国際諜報団の黒田達がせっぱつまって捨てた秘密書類がかくされてあった。ミッキー、敬次、森田の三人は、ロカビリー・コンクールをやっている劇場へ飛びこんだ。女装した黒田の子分トンミーと浦口が、針金を首とギターに巻きつけたのも知らず、三人は歌い出した。浦口が網をひっぱり出した。三人は七転八倒の形相となった。ところが、これがかえって審査員の絶讃するところとなり、第一位で合格した。急を逃れた三人は、シャバの恐しさにコリゴリし、少年院に帰ろうとした。が、審査員の河本は三人と契約した。諜報団の国際裁判にかけられ銃殺の刑に処せられることになった黒田は、キャバレーで歌っている三人を発見、引き抜きと感違いして邪魔する河本に莫大な金を払った。三人は逃げ出し、少年院へ車を走らせた。黒田達は慈善家に化けて少年院を襲った。が、皆の協力で一網打尽にされた。三人は街の事業主から見こまれ、少年院から出ることになった。院長に見送られ、表口から出所したのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。