日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

街が眠る時
マチガネムルトキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月26日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

大藪春彦の原作を、「非常手配」を共同で書いた秋元隆太が脚色した、事件記者が主人公のアクションドラマ。撮影は「だから云ったじゃないの」の柿田勇。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
大藪春彦
脚色
秋元隆太
監督
野口博志
撮影
柿田勇
音楽
山本直純
美術
小池一美
照明
河野愛三
録音
宮永晋
編集
辻井正則

ストーリー

香川は東洋日報社会部の宿直室で“田中記者殺害さる”の報せに愕然となった。彼と田中は大学時代からの親友であったが、同じ事件記者としての競争意識から最近では反目し合っていた。それだけに香川は「田中殺しは必ず俺の手で物にする。それが俺の義務だ」と誓った。田中が何か特ダネを追って深入りして殺されたに違いないと確信し、田中の足取りを追った。ダンスホール“金の星”のダンサー小林洋子、通称ララちゃんとよく踊っていたことを聞き込み、香川は、“金の星”へでかけ、洋子と踊りながら田中のことを聞き出そうとした。「これボーナス曲なの。もしボーナスガールに選ばれると、関西に引っ張られてスター・ダンサーになれるの」と囁く洋子の言葉に香川は不審を抱いた。踊れない田中が踊りに通ったこと、ボーナス曲?“金の星”には何かある。香川は田中の恋人暢子のいるバーに行きダンサーとして“金の星”に潜入してくれと頼んだ。事件の鍵と思われるララちゃんを洗うべく香川は翌日彼女を尋ねた。だが既に彼女は関西にスカウトされたという。彼女の下宿に落ちていたバー青猫のマッチから、香川は横浜へ向った。東京から尾行してきた男を海岸へ誘い寄せてしめ上げた。男が口を割りそうになった時、飛んで来た弾丸に男は即死した。一方暢子から、大阪に立ったはずのララちゃんが行方不明であること、桑原という関西の遊廓を支配していた男が“金の星”にいるということを知った。田中の嗅ぎつけたのは国際売春網かもしれないと香川は感じた。その夜暢子はボーナスガールに選ばれた。彼女の身を案じた香川は店に彼女を迎えに行った。だがそこには殺し屋の多田が待っていた。凄じい死闘。やっと多田を倒すことは出来たが、暢子は既に桑原に連れ去られ香港に運ばれようとしていた。香川は跡を追って横浜へ。暢子を警察と協力して救った香川は、宿願のスクープを東洋日報へ電話した。「これは田中のスクープです。田中の名前で記事にして下さい」という香川を、感謝の眼差しで暢子は見守った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。