日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

妻の勲章
ツマノクンショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月19日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

中山正男の原作を、「狐と狸」の菊島隆三と、内川清一郎が脚色し、「女侠一代」の内川清一郎が監督した、夫婦愛を描いたドラマ。撮影は「かた破り道中記」の太田喜晴。

スタッフ

製作
岸本吟一
企画
松本常保
原作
中山正男
脚色
内川清一郎菊島隆三
監督
内川清一郎
撮影
太田喜晴
音楽
大森盛太郎
美術
大角純一
照明
仙波正巳
録音
川北武夫
編集
相良久

ストーリー

幸田は鍛冶屋の息子に生れたが、ガソリンの臭いが好きでオートバイ作りにすべてを賭けていた。その頃新聞では、攻略戦に活躍する銀輪部隊のことを報じていたが、彼は足でこぐ自転車が機械化部隊と云えるものかと言って憲兵隊から睨まれたり、妻さつきが実家から持って来る白米をガソリンに変えたりする始末に、さつきは娘の夏子と実家へ帰ってしまった。一人取り残されて彼は、ガソリン嫌いのさつきがいつも離さなかった香水瓶をにぎりしめて、今更のように二人のいない寂莫を感じた。一方、実家のさつきも、折からの空襲中に夫の面影を思いお互いが愛し合っていることをさとり、夫のもとに帰った。そうして終戦。幸田は相変らずオートバイと取組んでいた。ある日、米兵が修理に持参したオートバイの優秀さにうちひしがれた。「もう一度初めからやり直しよ、今からでもおそくないわ」と、励ますさつきの言葉に工業学校へ入る決心をする。それから夫婦揃っての勉強が続いた。--三年後、もとの親方である山崎が廃品同様の六号無線機三百台を利用してオートバイを作ろうと話を持ちこんできた。エンジンはあっても、肝心のガソリン・タンクが三百個も手に入らないのだ。が、幸田は湯タンポをタンクの代りにすることを案出した。モーターバイクA型一号、二号と次々に完成され、昭和三十年に幸田技研工業株式会社が成立された。世界オートバイ耐久レースに、イギリス、イタリア、アメリカに混じってさつき号が出場、見事に優勝する。幸田は小型エンジン発見に力を尽したことで、藍綬褒章を贈られることになった。その頃、病院ではさつきが病床にいた。彼女は医者から癌と言われながら、自分の病状を隠して夫を晴れの受賞式に送り出した。勲章を押し戴いた幸田を待ちうけていたのは妻の死だった。思えば夫と妻の長い幾歳月であった。「お母さんを殺したのはお父さんだ。嫌いなガソリンのにおいばかりかがせて--さつき、みてくれ、頂いた勲章お前の勲章だ--妻の勲章だ。」彼はそれを妻の胸におきその上から香水を振りかけてやった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。