日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

月見草
ツキミソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月12日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

新人大島渚のオリジナル・シナリオを、新人第一回の岩城其美夫が監督し、「新婚列車」の井上晴二が撮影した青春編。

スタッフ

製作
保住一之助
脚本
大島渚
監督
岩城其美夫
撮影
井上晴二
音楽
池田正義
美術
逆井清一郎
照明
鈴木茂男
録音
栗田周十郎
編集
浜村義康

ストーリー

高木修一は大学受験のため上京することになった。修一には岩佐恭子という女友達がいた。姉の順子、弟の健次らに送られて修一は発った。恭子は寂しかった。修一が去った後、健次と恭子は会う機会も多くなった。健次は恭子の縁談を耳にした。詰問すると恭子は否定した。しかし恭子に縁談が起っているのは事実だった。健次は上京して兄を訪れたが修一は恭子の話を避けた。恭子の父、仙兵衛が暴風で難船して重傷を負った。恭子の母は家のために縁談を承諾した。恭子は上京して修一を訪れた。しかし修一はやはり冷たかった。学業のため、修一は恭子を忘れようとしていた。恭子と健次の心は次第にふれていった。一年経って修一が帰郷した。健次は兄と恭子のために奔走したが、だめだった。健次は恭子がいとしかった。修一も恭子の母も、健次と恭子の仲に反対した。結婚の日取りが迫っていた。健次は恭子の母の手前、恭子をあきらめた風を装った。何も知らない恭子は絶望した。恭子は短い一生を自ら終えてしまった。恭子の死に修一と健次は泣いた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。