日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

生霊 IKISUDAMA
イキスダマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2001年06月23日 
製作会社
トスカドメイン東映ビデオ製作協力 セントラルアーツ企画協力 ソーマオフィス) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
118分  

高校生兄弟が体験する恐怖の霊現象を、2話仕立てで描くホラー。監督は「鍵」の池田敏春。ささやななえによる原作を基に、「NUTTU ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説」の尾崎将也と『無頼 人斬り五郎』の山口セツが脚色。撮影を「NAGISA なぎさ」の田口晴久が担当している。主演は、実の兄弟でミュージシャンとしてDOGGY BAGというユニットを組んでいる松尾雄一と松尾光次、「死びとの恋わずらい」の三輪ひとみ、「東京マリーゴールド」の三輪明日美。

ストーリー

「第一話 生霊 いきすだま」イケメン高校生・良二のクラスメイト・浅茅には、奇妙な噂があった。それは、彼に想いを寄せるあまり、彼女の強い念が生霊となり出没するというものだった。ある日、良二の恋人・真理子が不慮の死を遂げた。そして更に、良二に好意を抱く白井もまた事故で命を落とした。浅茅の生霊が彼女たちを殺したのか? 真相を突き止める為、浅茅の家を訪れた良二は、しかしはずみで彼女を絞め殺してしまったばかりか、彼女の霊によって彼もまた死に至らしめられる。それから数日後、良二の兄・一彦は、弟の死の真相を聞き出そうと入院中の浅茅を見舞っていた。良二に殺された筈の彼女は今、担当医に恋していると言う。「第二話 空ほ石の…」父親の転勤で、一彦の住む町に引っ越して来た女子高生・菜穂子の入居した巨大団地には、不気味な噂があった。それは、部屋番号下一桁に5のつく部屋の住人に災難が降りかかるというもので、果たして菜穂子の部屋は505号室だった。そして、そのことを転校先のクラスメイトの一彦から聞かされた菜穂子に、次々に怪現象が襲った。彼女の母親が原因不明の病気で倒れ、彼女もまた押入の中の少女の霊によって部屋に監禁されたのだ。胸騒ぎを覚え、駆けつけた一彦のお陰で辛くも救出される菜穂子。そんな彼女の部屋のベランダに置かれたコンクリート塊の中から、白骨化した少女の遺体が発見される。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。