日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やりくりアパート びっくり大放送
ヤリクリアパートビックリダイホウソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月26日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
63分  

花登筐脚本のテレビ喜劇「やりくりアパート」劇場版の続編。スタッフ、メインキャストは前作と変わらず。監督は竹前重吉。脚本は内海一晃と倉田順介。出演は有島一郎、益田キートン、佐々十郎、大村崑、ミヤコ蝶々ほか。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
山本紫朗
原案
花登筐
脚本
内海一晃倉田順介
監督
竹前重吉
撮影
藤井春美
音楽
中元清純
美術
鳥居塚誠一
照明
牧野秀雄
録音
中川浩一

ストーリー

白昼の大阪繁華街で突然一人の男が射殺された。スワ、殺人事件! とばかり集まる人垣の中で、殺された男は立上り心臓薬の広告を始めた。彼らは“やりくりアパート”の住人佐々、大村の珍コンビなのだ。ところが今日は大村とともにもう一人の見知らぬ男がピストルで射殺された。そのそばにはスペードのエースの模様がついたライターが落ちている。ライターの蒐集狂の大村はそれを逸早く拾うと自分のポケットへ仕舞い込んでしまった。この事件を巧妙な殺人と断定した警察は、何がなんだかわからぬ、佐々と大村を連行し、山川刑事部長が取調べにあたるがいずれもトンマな話ばかり--。その頃“やりくりアパート”に野村という男が一室を貸りた。無口でその上、定職をもたないらしいこの男を、アパート一同は異様な眼でにらみ、遂に佐々、大村をつけねらうギャングの一味ではないかと疑り出した。ある日社長の招待で小泉みどりが唄うキャバレー「ゴールデン・ウェーブ」に行った佐々と大村は、一隅に野村を発見ますます疑いをもった。その時、一人の男が佐々にライターを借りにきて、問題のライターをすりかえようとするが、みどりに発見され失敗する。だが、いつの間にかライターが消えていた。アパート中を血まなこでさがし廻った二人は、野村が部屋の中でピストルの手入れをしている姿を盗みみた。幸いライターはみどりが保管してくれたものの野村の存在にはアパートの住人も意気悄沈。一方キャバレー「ゴールデン・ウェーブ」では密輸団の東谷一味がライター奪還の方法を練っていたが、ライターは二人がみどりにプレゼントしたあと。この報告をうけた東谷は、みどりを誘惑しライターを手に入れようと計画する。ライターがもとでみどりが密輸団からつけねらわれていることに気づいた佐々と大村は彼女をこの場から逃すべくみどりを求めてアパートへ行く。これを探知した一味もアパートへなだれ込んだ。悪人を迎えたアパート一同は恐怖のどん底に陥ったが、意外、この危機を救ったのは野村だ。悪人一味が血まなこで探し求めたライターの中には密輸のボス香港のジョーとの取引きに必要な切符がかくされていたのだ。彼はこの捜査のため派遣された捜査課のベテラン野村刑事だったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。