日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜霧に消えたチャコ
ヨギリニキエタチャコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年05月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
49分  

川内康範の原作を、「天狗四天王の逆襲」の銀座八郎が脚色し、「別れの燈台」の森永健次郎が監督した歌謡メロドラマ。撮影は「東京ロマンス・ウェイ」の山崎安一郎。

スタッフ

企画
茂木了次
原作
川内康範
脚色
銀座八郎
監督
森永健次郎
撮影
山崎安一郎
音楽
杉原泰蔵
美術
西亥一郎
照明
熊谷秀夫
録音
古山恒夫

ストーリー

或る霧深い夜、タクシーの運転手遠藤節夫は自殺しようとした女を救った。その女はチャコと呼ばれる広瀬久子だった。チャコの遺書から彼女は身許不明の孤児で原子病患者であることを知った。節夫は同情を抱き、妹の公子に相談してチャコを引き取ることにした。節夫の様子から公子は兄がチャコを深く愛していることを知った。翌朝、節夫と公子が留守の間に、新聞でチャコの事故を知ったというマダム風の女、中村たまがチャコを訪れた。節夫が帰って見るとチャコの姿はなく、金の小鈴と「悪魔に追われています。御親切は生涯忘れません。……」という置手紙だけが残されていた。悄然とした節夫はやり切れない気持を詩作にまぎらわした。日頃から節夫の詩才を認め何かと激励を与えてくれる作曲家の永井が訪れ、節夫の書いた詩を読んだ。チャコは「ボザール」の親切なマダムに拾われ、そこで働くことになった。チャコは九つの時広島で原爆に見舞われ肉親を失った。十一の時に養女に行き、十九歳の時に義父に挑まれ自殺を覚悟して家出した。その時佐藤という男に拾われた。それが転落の始めであった。神戸を逃げて上京したチャコは或るホテルに働いたが、そこの女主人中村たまに売春を強いられた。再び自殺を計った時に節夫に救われたのだ。節夫の純粋な愛情を知ったチャコは自分の身を恥じて逃げたのだった。二カ月たった。チャコはだんだん明るい表情を取りもどしていった。ある夜節夫が乗せた客は「ボザール」の常連だった。「ボザール」で二人は再会した。チャコの人気をねたむ女給たちは、チャコに辛くあたった。佐藤が「ボザール」に顔を出すようになった。チャコは店を辞めたが、間もなく発熱して入院した。彼女は原子病ではなく、結核だった。節夫は彼女の過去を一切問わず、求婚した。節夫の書いた詩“夜霧に消えたチャコ”が永井の作曲によってレコードになるという知らせが届いた。が、ある時チャコは姿を消した。「節夫さん、チャコの汚れはなくならない……」という手紙を残して。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。