日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おヤエの家つき女中
オヤエノイエツキジョチュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年04月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
58分  

「おヤエのママさん女中」の姉妹篇で、スタッフも前作と同じメンバーである。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
高橋二三
監督
春原政久
撮影
峰重義
音楽
村山芳男
美術
小池一美
照明
三尾三郎
録音
高橋三郎
編集
近藤光雄

ストーリー

大月博士一家は、アメリカから招かれ永住することになった。おヤエは、十年間の女中奉公の退職金代りに、その家を貰うことになった。もっとも、その家はまだ月賦金が残っていて、一年後におヤエのものになるはずだった。大月博士のスケジュール表に従って、おヤエは三部屋を間借することにした。元陸軍中将の篠山夫婦、女中上りの二号・杉枝、アルバイト成金学生の青田と間借人は決まった。近所のご用聞き連中は、一年後、家がおヤエのものになることを知って、おヤエの婿になろうと云い寄った。しかしおヤエは、チャッカリやの青田に首ったけだ。ある晩、おヤエは篠山夫婦から三万円の借金を申しこまれた。利子が倍と聞いたおヤエは、金を貸した。が翌日には、夫婦は家財道具一式を持って夜逃げしてしまった。おヤエはカックンとなったが、不屈のモットーを取り戻し、月賦満期をめざして頑張った。間借人たちは、杉枝の引越し青田の結婚と下宿を去った。でも努力の甲斐あって、家はおヤエのものになった。「田舎のおとっつぁまあとおっかさま!おヤエは女中奉公して十一年目に家を一軒持っただよ」大声で叫んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。