日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

たそがれの東京タワー
タソガレノトウキョウタワー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年02月18日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
63分  

東京タワーを背景としたメロドラマ。「白昼の侵入者」の星川清司の脚本を「俺たちは狂っていない」の阿部毅が監督した。撮影は「さよなら、こんにちわ」の小林節雄。

スタッフ

製作
武田一義
企画
久保寺生郎
脚本
星川清司
監督
阿部毅
撮影
小林節雄
音楽
塚原晢夫
美術
山口煕
照明
山口信経
録音
須田武雄

ストーリー

銀座裏の洋裁店リラの針子、吉野京子は、ある日、店から持ち返って仕上げたコートを、つい着てみたくなり、それをまとうやネオンの輝く街に出た。貧しいが人並に着飾ってみたい若い娘心がそうさせたのだ。京子は、夜空にそびえる東京タワーに魅せられ展望台へ上った。そこで彼女は、機械修理工をやっているという青年・津田直樹と知り合い、お茶を飲んだ後、車で送ってもらった。次の土曜日、必ず逢おうという直樹の言葉に京子は、うなずいたが自分が富豪の令嬢らしく振舞ったことを後悔しはじめていた。が、約束の夜、京子は店に飾ってある衣裳を着て東京タワーへと走った。直樹は待ちくたびれていた。京子は言い訳をいった。パパの誕生日の買物をしていたと。そして彼女の嘘は--パパが外国航路の船長だと、デザイナーの勉強に外国へ行くこと--果てしなくつづいた。嘘をゴマカすため京子は逢引の度に店の服を着て出た。直樹には親の決めた結婚の相手、暁美がいたが、京子との結婚を真剣に考えるようになっていた。ところが遂に、京子が店の洋服を着て外出することがバレた。しかし店主のアヤは京子から話を聞き逆に慰めてくれた。翌日、仕立直しのコートをもって京子は、暁美の家とも知らず宏壮な邸宅を訪れた。丁度直樹が来ていた。直樹は京子とすれ違ったが気づかなかった。京子の心は騒いだ。そして女中から直樹が大自動車会社社長の息子と聞かされ、今は自分の恋も諦めようとした。京子は店へも家へも戻らなかった。そのころ直樹は父の反対を漸く説き伏せ京子との結婚を承諾させた。彼は心当りを探した果てに東京タワーへ来た。そこには京子がいた。二度と離れぬと二人は手を握り合った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。