日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

名づけてサクラ
ナヅケテサクラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年03月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Her Name Was Sakura  
上映時間
94分  

筒井敬介のNHK芸術祭参加放送劇を、「森と湖のまつり」の植草圭之助が脚色したもの。「これが最後だ」の斎藤武市が監督を、「第三の死角」の藤岡粂信が撮影を担当した。

スタッフ

企画
芦田正蔵
原作
筒井敬介
脚色
植草圭之助
監督
斎藤武市
撮影
藤岡粂信
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
森年男
録音
沼倉範夫
編集
近藤光雄

ストーリー

ハーフの東サクラは、養育所“聖ホーム”から黒人の家庭に引き取られ、アメリカへ渡った。しかし、黒人の養父母はサクラを牛馬のようにこき使って愛情のかけらすら見せなかった。“マミーに逢いたい、日本にいる本当のマミーに逢いたい”そう思うとサクラは矢もたてもたまらず、フランスの貨物船にもぐり込み、日本に帰って来た。サクラは横浜へ着くとまっ直ぐアメリカで親切にしてくれたオンリーのユリの家へやって来たが、彼女の現在の夫が白人で、黒人を毛嫌いするのでユリの家に落着いているわけにゆかなかった。“聖ホーム”の院長も密航と聞いて、なんとかアメリカへ追いかえそうとおろおろするばかりだった。すっかりしょんぼりしてしたサクラをなぐさめるのはオンリーのユリやマリ、ハーフのトランペッター幹男だった。そしてサクラのいじらしさに、ユリはサクラの本当の母親を探し出そうとした。やっとのことで見つけたユリの母京子は“確かに覚えはあります。しかし、まるで交通事故みたいに黒人兵から襲われたのです”ととりつくしまもない冷たさだった。そんなことを知らないサクラはやはり本当の母を求めてやまなかった。そんなある日、サクラは街で会った黒人兵にはじめて親切にされ、きっと自分のダディもあんな人だと思った。しかし、あまりにも母を恋うサクラを見たユリは、京子にもう一度会ってくれと電話すると、意外にも会うとのことだった。しかし、ついに京子は来ず、前後の見さかいのなくなったサクラは一人で京子の家に行った。「私のママ」と飛びつくユリをつめたく突き放した京子は警察にユリを渡そうとしたが、悲しく泣き叫ぶユリに、京子の母性ははげしくゆさぶられた。消えてゆくパトロールカーに、「サクラゆるして!」と京子は泣きくずれるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。