日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

デン助の やりくり親父
デンスケノヤリクリオヤジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年02月24日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
64分  

「デン助の ワンタン親父とシューマイ娘」の姉妹篇で、脚本・新井一、監督・板谷紙之、撮影・遠藤精一といずれも同じスタッフである。

スタッフ

脚本
新井一
監督
板谷紀之
撮影
遠藤精一
音楽
米山正夫
美術
島康平
照明
伊藤盛四郎
録音
長岡憲治

ストーリー

デン助は捨て子を拾って育てている。が、デン助にも本当の子はあった。金太郎・金次郎の兄弟である。デン助は養子にやさしく、実子にはきついため、二人はひがんでいた。デン助の家の隣に、大学生の慎一と母親のかねが引越して来た。デン助の家はブリキ屋、かねの家は呑み屋、お互いに騒々しくうまくいかない。だが、デン助の養女・すみ子と慎一の間には恋が芽ばえたようだ。慎一の就職先は、すみ子の勤めているデパートに決まった。が、デン助もかねも二人の結婚には反対だ。すみ子は、ふとしたことから自分が捨て子であったことを知った。それを聞いても慎一の心は変らない。正月のトソ気分のとき、デン助はキナ臭い匂いを鼻にした。かねの店から煙が出ているのだ。デン助は金太郎らを指揮して消火につとめた。荷物は出したがかねの家は住めそうになかった。かねはデン助に礼を言った。慎一とすみ子はチャンスとばかり結婚の許しを求めた。O・Kである。二人の結婚を機に、かねは呑み屋をやめて食堂を開きたいとデン助に相談した。デン助は、金太郎・金次郎の面倒を見てくれとかねに頼んだ。うなずき合う二人の顔は明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。