日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青い国道
アオイコクドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年02月04日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
52分  

「忘れ得ぬ人」の西島大のオリジナル・シナリオを「港でうまれた男」の堀池清が監督する歌謡娯楽篇。撮影は「獣のいる街」の松橋梅夫が担当している。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
西島大
監督
堀池清
撮影
松橋梅夫
音楽
真鍋理一郎
美術
大鶴泰弘
照明
安藤真之助
録音
福島信雅
編集
近藤光雄

ストーリー

安田隆二は外国航路の船員を夢みながら、関門海峡の連絡船赤間丸で働いていた。船長の吉川は、今は亡き隆二の父と親友で、吉川の一人娘加根子は隆二と仲良しだった。隆二は捕鯨船に欠員があるのを聞き、申込んだが母の許しを得てこいといわれた。母のせつは夫を海難事故で亡くしてから、隆二の遠洋に出るのには反対だった。その頃、せつは吉川に隆二の自慢話をしていた。吉川は家に帰り加根子に隆二との結婚話をした。加根子は隆二が船乗りをやめるならといった。どうしても捕鯨船に乗りたい隆二は、捕鯨船の船底にかくれた。が、大友船長にみつけられつまみ出された。やけになった隆二は、バー・バッカスでゆかりという女給のことで船員と大喧嘩をした。この様子をじっとみつめている福村という男がいた。吉川・大友らの旧友が顔を合せた席上、吉川は大友に隆二の乗船を頼んだ。大友は母せつを口説きおとすことを条件に承諾した。トラックの運転手永見は、加根子に逢引を断られ、妹の千枝に彼女との結婚を頼んだ。乗船を許可された隆二は、父の墓に報告にいった。ところが留守中に船の出航が早くなったのを、母が隆二を心配するあまり、わざと知らせなかった。母と加根子の仕業と知った隆二は、加根子を殴りつけて家を飛びだした。これを知った吉川も二人を叱りつけるのだった。隆二はやけ酒の末、ゆかりから紹介された福村の船に乗り込んだ。福村は密輸のボスで、隆二に運転させて密出国を企んでいた。隆二は福村の正体を知ったが、彼の拳銃のため身動きが出来なかった。しかし、近くにいた永見の機転で福村は水上署に捕えられた。母のもとに帰った隆二は、加根子と婚約した。二人の顔は明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。