日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雑沓に光る眼
ザットウニヒカルメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年01月28日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
51分  

藤原審爾の「つめられた指」を横山保朗が脚色、「赤いランプの終列車」の小杉勇が監督したアクションもの。撮影も同じく「赤いランプの終列車」の中尾利太郎。

スタッフ

企画
芦田正蔵
原作
藤原審爾
脚色
横山保朗
監督
小杉勇
撮影
中尾利太郎
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
熊谷秀夫
録音
高橋三郎
編集
近藤光雄

ストーリー

大都会の雑沓、ここ上野駅周辺には二つの眼が光っている。悪の眼、すりや愚連隊の眼とかれらを追う刑事の眼である。すりの健次もその眼の一つ、家出娘をねらってはわずかの金を奪い、更に売春婦として売りとばしていた。今日も田舎娘朝子のさいふをすったとたん、堅気に戻った昔の兄貴分武に会い逃げ出した。武の昔の兄貴分玄太郎の経営するバーで、健次の情婦ミユキに会い、転落の話をさいた武は今朝健次にすられた朝子の事が心配になった。その日から玄太郎のバーで働きつつ、すったさいふを娘達に返す武を見て、すりの親分は怒ったが玄太郎は自分の指をつめても武をかくまった。一方健次の口から朝子の居場所をきいたミユキの話で、武は黒幕女陽子の指金で、あわや中年男の毒牙にかかろうとしていた浴室の朝子を救った。しかし田舎に帰るようにと朝子をミユキにたのむ間にはやくも武は愚連隊に囲まれた。どうしても朝子の行先を言わないと知ると彼らは武の指をつめる事にした。血のしたたる指をおさえて部屋を出る武の手には、いつの間にか、陽子の手帳が大事そうに握られていた。上野を出る汽車の汽笛に今は安心した武は意識を失った。やがて意識をとり戻した武に、武が命がけで掏った陽子の手帳を証拠に、秘密売春団が検挙されたと知らせる浅井刑事の顔は明るかった。そしてベッドの傍には朝子の笑顔も見えた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。