日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

月は地球を廻ってる
ツキハチキュウヲマワッテイル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年01月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

昨年のフラフープ・ブームに題材を求めた、喜劇映画。大川久男が脚本を書き、「都会の怒号」の春原政久がメガホンを取った。撮影も同じ「都会の怒号」の間宮義雄。音楽は「哀愁の高速道路」の山本直純。出演は「続 夫婦百景」の岡田眞澄、「紅の翼」の西村晃・小沢昭一、それに中島そのみ・新人中村万寿子ら。

スタッフ

企画
茂木了次
脚本
大川久男
監督
春原政久
撮影
間宮義雄
音楽
山本直純
美術
千葉一彦
照明
吉田一夫
録音
古山恒夫
編集
近藤光雄

ストーリー

小さな宣伝会社、ハート宣伝会社のホープ市村君は、恋人雅子さんのことも忘れて、一生懸命新しい宣伝のアイディアを考えつづけている。三年も結婚を待たされた彼女。ところが市村君は中村まゆみなる女性とテレビ結婚式をあげてしまった。もちろんこれも宣伝アイディア、本物になったとたん、まゆみさんがシャックリをはじめて大失敗、その上雅子さんはこれが宣伝とは知らないから、泣き出す始末。市村君は重なる失敗にヤケになってしまう。もちろん雅子さんの誤解はとけたとはいえ、テレビ結婚式の相手役まゆみさんが今度は市村君に熱を上げてしまった。次の市村君のアイディア、月星デパートのフラフープ・コンテストに入賞し、一等当選の日本一周アベック旅行に市村君をつれ出そうと猛練習をつづける。いよいよコンテストの日、まゆみさんの妙技は他を圧し、恋人を奪われてはと決死の思いで出場した雅子さんを破ってしまう。だがまゆみさんは、雅子さんに声援する市村君を見て、今は自分の恋をあきらめた。日本一周旅行の切符を二人にわたし、まゆみさんはフラフープ・スターとして新しい一歩をふみ出した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。