日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

COWBOY BEBOP 天国の扉
カウボーイビバップテンゴクノトビラ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
Knockin'on heaven's door  
上映時間
115分  

バイオ兵器を使用したテロ犯人相手に繰り広げられる、賞金稼ぎたちの活躍を描いた長篇アニメーション。監督は「マクロスプラス  MOVIE EDITION」の渡辺信一郎。「東京龍 TOKYO DRAGON」の信本敬子が脚本を執筆。撮影監督に「新 機動戦記ガンダムW Endless Waltz ―特別篇―」の大神洋一があたっている。声の出演に「それいけ!アンパンマン ゴミラの星」の山寺宏一ら。

スタッフ

原作
矢立肇
監督
渡辺信一郎
製作総指揮
吉井孝幸角田良平
プロデューサー
植田益朗南雅彦高梨実
脚本
信本敬子
キャラクターデザイン
川元利浩
作画監督
川元利浩
メカニックデザイン
山根公利
セットデザイン
武内志保
美術
森川篤
色彩設計
中山しほ子
演出
武井良幸
メカニカル作画監督
後藤雅巳
アクション作画監督
中村豊
音楽
菅野よう子
音楽監督
小林克良
撮影監督
大神洋一
編集
掛須秀一
演奏
シートベルツ

ストーリー

2071年。火星の都市・アルバシティの高速道路でタンクローリーが爆発炎上、タンクから漏れた物質により500人以上の死傷者が出る大惨事が発生した。警察は、バイオ兵器を使用したテロの可能性を示唆し、犯人に3億ウーロンという巨額の懸賞金をかけた。スパイクを始めとする賞金稼ぎ集団ビバップ号のクルーたちは、早速犯人探しを開始。やがて、それが軍特殊部隊の一員・ヴィンセントであることを掴む。だが、記録では彼は2年前のタイタンの戦争で戦死しているとのこと。深まる謎を追ううち、スパイクは製薬会社チェリオスケミカルに疑惑の目を向け潜入調査をするが、マーシャルアーツを身につけた女戦士・エレクトラに邪魔だてされ、更に正体を現したヴィンセントによって瀕死の重傷を負わされてしまう。しかし、そんなことで命を落とすようなスパイクではなかった。独自の情報網でヴィンセントがナノマシンと言う生物兵器の人体実験に使われたこと、彼の体の中にそのワクチンであるカウンター・ナノマシンが仕込まれていたことを知る。世界への復讐を企むヴィンセントは、ハロウィンで賑わうアルバシティにナノマシンを撒き散らし、人々を殺そうと画策。だが、すんでのところでカウンター・ナノマシンを手に入れたスパイクの活躍で彼の計画は阻止され、ヴィンセントも実は彼の恋人であったエレクトラの銃弾に倒れるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

  • 作品の問合せ先: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 映倫番号: 116126
  • 封切り館:
  • 関連情報へのリンク:
  • 国立映画アーカイブ所蔵有無: 無

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。