日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いのちの地球 ダイオキシンの夏
イノチノチキュウダイオキシンノナツ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
The Summer of Dioxin  
上映時間
82分  

実際に起こったダイオキシン災害を基に、その恐怖に立ち向かっていく少年少女の活躍を描いた長篇アニメーション。監督は「蒼い記憶 満蒙開拓と少年たち」の出崎哲。蓮見けいによる児童文学を基に、「蒼い記憶~」の小出一巳と末永光代が脚色。撮影監督に「魔法学園ルナ LUNAR! 青い竜の秘密 スッポコ魔法作戦!」の安津畑隆があたっている。声に出演に佐久間信子ら。文部科学省選定、優秀映画鑑賞会推薦、東京都知事推奨作品。

スタッフ

企画
桂壮三郎
原作
蓮見けい「ダイオキシンの降った街」(岩崎書店刊)
プロデューサー
桂壮三郎
脚本
小出一巳
脚色
末永光代
監督
出崎哲
絵コンテ
四分一節子
キャラクターデザイン
四分一節子
監督補
四分一節子
総作画監督
清水恵蔵
アニメーション演出
熨斗谷充孝
作画監督
鈴木伸一都築由佳子小澤郁
クリエイティブプロデューサー
小出一巳
美術監督
長尾仁
美術設定
池信孝
音楽
長谷川智樹
音響監督
清水勝則
編集
神谷伸武
撮影監督
升沢達也
色彩設計
小林恵
音響制作
ザックプロモーション
音響スタジオ
AMGスタジオ
制作プロデューサー
三上鉄男
制作デスク
清田健
音楽プロデューサー
安東義史
音楽制作
カンパニーAZA
宣伝
シネマ・クロッキオ
宣伝プロデューサー
山下健一郎
宣伝デザイン
クリエイティブ・エース
プロデューサー補
木村昌資
現像
東京現像所
アニメーション制作
マジックバス
監修
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議

ストーリー

1976年夏、イタリア北部アルプス山脈に近い街・セベソにあるイクメナ工場で爆発事故が発生、周囲に白い灰を降らせた。それは、化粧品や病院用の石鹸を作るのに必要なTCPと言う化学物質で、工場の重役たちの報告では日が経てば消えてしまうものだと言うことだった。ところが暫くすると、TCPを浴びた小動物が次々と死に、やがて人間にも頭痛や湿疹などの影響が出てきた。これに不安を覚えた11歳の少女・ジュリアは、友だちとセベソ少年探偵団を結成。在伊日本人ジャーナリストの安藤と共にイクメナ工場の調査に乗り出し、やがてTCPが枯葉剤の材料のひとつで、その中にダイオキシンが含まれていること、工場側が安全対策を怠っていた為に爆発が起きたことなどを突き止める。しかし、工場や親会社ははぐらかすばかりで責任を認めようとしない。そのうち、化学のヒロシマと呼ばれるようになったセベソの街は危険度によって分断、ジュリアもミラノに疎開を余儀なくされ、探偵団の仲間と離ればなれになってしまうのだった。そして遂に、故郷を奪われ、友達を奪われ、未来を奪われたジュリアたちの怒りは頂点に達し、彼らはイクメナ工場の社長とその親会社であるロック社の記者会見場に乗り込むという強行手段に打って出るが、子供たちの叫びは届くことはなかった。しかし、ジュリアたちは挫けることなく、ダイオキシンについての知識を深め、自分たちの暮らす地球の為に災害をなくそうと誓い合うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。