日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

聖女と拳銃
セイジョトケンジュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1959年12月22日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Seventeenth Guest  
上映時間
66分  

助監督水沼一郎のオリジナル『人殺しのバラッド』の映画化。「ある落日」の光畑碩郎が脚色、「わかれ」の野崎正郎が監督した。撮影担当は鶴見正二。

スタッフ

製作
植野哲雄
原作
水沼一郎
脚色
光畑碩郎
監督
野崎正郎
撮影
鶴見正二
音楽
中村八大
美術
浜田辰雄
照明
鈴木茂男
録音
新楠元
編集
北見精一

ストーリー

港の傍らの遊園地、空中観覧車の鉄骨の下で薄闇のせまる頃、拳銃のうち合いがあった。港の無頼漢・久松組組長一味と対峙したのは村田組組長村田恭輔とその乾分達だった。街角に小さな花屋があった。十七歳になる和子は両親を失い叔父秋本真吉を手伝って花と共にくらす清純な少女だった。花屋の開店二周年記念の日、和子は十七人目の客を“マスコットのお客様”としてサービスすることを考えついた。そしてその十七人目の客とは……撃ち合いで傷つきパトカーの眼を逃れてとびこんで来た村田だった。和子の胸には村田の姿が強く焼付けられた。村田にはバーをやらせている情婦マリエがいたが、村田も自分を信じて疑おうとしない和子の無垢な姿を忘れようとはしなかった。村田が幼い時彼の父は無実の罪で獄死した。以来法を頼らず力だけを頼んで生きて来た無頼漢村田にとって、いわば和子は神のような存在だった。村田は港の暗黒街の大ボス伊勢に会った。伊勢はピンハネをする港湾の井原組に反抗して立ち上った植村たち沖仲仕の集会を暴力で破れと言葉巧みに村田をそそのかした。伊勢の言葉に、沖仲仕こそ港を荒らす一味と感違いした村田は伊勢の命令を遂行した。晴れた日、村田は和子と江ノ島にドライブした。村田にとって和子の心はますます美しいものだった。植村は村田に伊勢から離れることを再三すすめた。伊勢一派は植村殺害を企てた。そして植村は死んだ。だが植村の眼はウィンチマンに合図した伊勢を見た。村田は伊勢と対決した。しかし和子を思うと村田には殺せなかった。クリスマス・イブ、伊勢一派に追われながら村田は教会に和子をさがした。その夜、村田は一味の兇弾に倒れ、教会の路上で息絶えた。クリスマスの朝、山のような贈り物に囲まれた和子の前を死体運搬車が通った。それが初めて人間の尊さを知り、これから生きようとした時に散った村田を運ぶ車だとは、和子はむろん知らなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。