日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

船方さんよ
フナカタサンヨ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年09月01日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

「裸身の聖女」の柳沢類寿の脚本を、「チャンチキおけさ」の小杉勇が監督した歌謡映画。撮影は「アンコなぜ泣く」の間宮義雄。「チャンチキおけさ」の三波春夫が出演してヒットソングを歌うほか、稲垣美穂子・宍戸錠・小杉勇・待田京介らが出演。

スタッフ

企画
柳川武夫
脚本
柳沢類寿
監督
小杉勇
撮影
間宮義雄
音楽
小杉太一郎
美術
大鶴泰弘
照明
吉田協佐
録音
宮永晋
編集
中村正

ストーリー

東北の漁港で働く江上晃一には、父藤兵衛の親友の遺児庄吉という兄弟のような友達があった。久しぶりの航海から帰った庄吉を迎え、幼馴染の美代や兄の船大工春雄などが大騒ぎ。岸壁前では盆踊りの輪が春雄の歌にあわせてにぎやかだった。波打際で庄吉は美代に、秋に機関士になったら結婚してくれといった。しかし、美代は庄吉が東海丸に乗込んでしまった後、晃一と婚約した。衝撃を受けた庄吉は、父の墓前で男泣きに泣いた。その翌朝、同じ墓に花を手向ける初老の婦人がいた。それは十五年前、夫と息子を捨てたことを後悔した民子だった。船宿の藤兵衛は、傷心の庄吉と民子を引合せようとした。庄吉は民子に会わずに、船を棄てて東京に行き愚連隊の仲間に入った。そんな庄吉を慰めるのはアイスクリーム売りのレイ子一人だった。一方、美代は庄吉と晃一の板ばさみに苦しみ、東京に出て民子の経営するバー“マリー”で働いた。晃一は美代の気持を察し、春雄と上京して美代のために庄吉を探してやった。三人が“マリー”を出た直後、兄貴の鉄と傷ついた庄吉が転り込んで来た。庄吉は母子とも知らずに、民子の看護をうけたが、意見されてプイと外に出てしまった。入れ違いに戻った美代は、彼女が庄吉にやった守袋が落ちているのをみつけた。そして美代は晃一の真情を知り故郷に帰る決心をする。庄吉は民子とレイ子のすすめで警察に自首した。彼は刑期を終えてレイ子と真面目な生活を送る決心をしたのだ。今日も漁船が大漁旗をあげて港に戻って来た。船上には庄吉が、浜辺には晃一、美代、民子、春雄、それに赤ん坊を抱いたレイ子が並んで手を振っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。