日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

酔いどれ幽霊
ヨイドレユウレイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月26日 
製作会社
日活映画 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

成仏できないやくざ幽霊と、その幽霊に見こまれた呑ん平なヨロメキ青年とが捲きおこすコメディ。石井喜一の脚本を「東京のバスガール」の春原政久が監督、「野郎と黄金」の峰重義が撮影した。「西銀座駅前」の西村晃・柳沢真一に、白木マリ・香月美奈子などが出演。

スタッフ

企画
児井英生
原案
坂巻昇
構成
松浦健郎
脚本
石井喜一
監督
春原政久
撮影
峰重義
音楽
村山芳男
美術
小池一美
照明
安藤真之助
録音
沼倉範夫
編集
近藤光雄

ストーリー

三平くんは下宿の酒屋の二階を追われた。理由は簡単だった、--のんべの三平くんが余り部屋代をためたから。彼はセンベツの一升ビンをかかえたまま、とある墓地で夜を明した。翌朝ベッド代りになった墓石に、お礼のしるしと酒をかけた。すると、アラ不思議、酒が吸いこまれて行くではないか。その日、給料日だった彼は、友人とビヤホールへ入った。が、彼のジョッキは、彼が干す前に空になるのである。まさに怪事件。酔っぱらいの幽霊が現れ、彼に礼を言った。かの墓石の持主・怪事件の下手人・生前は大五郎という大酒呑みのギャングだった。仲間に裏切られて殺さる。恋人ユミをボスの片桐に取られた。それで、未だに浮ばれない。恋人を取戻してくれないか。三平くんが承知すると、大五郎はユミのいるギャングの巣ナイトクラブへ案内した。地下の賭博場で、大五郎は三平に賭博をやらせ、その魔力で三百万もうけた。ギャングたちは、彼らの帰途を襲うが、姿なき大五郎のパンチが迫っぱらう。が、三平くんはパトカーに捕った。恋人の元の下宿の娘新子が貰い下げにきたが、幽霊と話す三平くんを、とうとうアル中が頭にきたと早合点し、逃げ出す。三平くんは会社をクビになり、仕方なく、幽霊と一緒にアパート「やなぎ荘」に住む。三平くんは大五郎からヤクザの訓練を受けたのち、クラブへ乗りこむ。ユミ奪回のためだ。ギャングたちは恐れをなし、三平くんはユミをゆうゆうと連れ出す。が帰途を襲われたとき、幽霊はあいにく酔っぱらってい、三平くんはノサれてしまった。ユミは彼をアパートで介抱し、そのうち彼が好きになり、あわやキッス……幽霊くん、驚いた。二人を離そうと大騒ぎしていると、片桐たちが乗りこんできた。ユミは連れ去られた。三平くんが片桐の仕事の片棒をかつぐなら返すという条件だ。仕事は麻薬取引。罠。大五郎の殺された手と同じだ。ユミにヨロメカずに、彼女を取り戻してくれと大五郎は頼んだ。三平くんは大五郎の助けで、追っかけの末、ユミを取り戻した。片桐は復讐された。ユミは何を思ったか、三平くんに抱きついた。二人は固く抱き合う。今は愛し合っているのだ。駈けつけた新子は呆然とした。大五郎は自分の負けを認めた。生きている奴にはかなわねえ。それから、毎晩、幽霊は酔いどれたという。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。