日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野良猫(1958)
ノラネコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月18日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

朝日放送の“ABC劇場”で放送された茂木草介原作『飛田附近』の映画化。阿呆と呼ばれながらも気ままに人生を通す呑気な男と、男から踏んだりけったりされながらも生きて来た女のめぐり合った二十四時間を、大阪の下町を舞台に描いた風俗喜劇。木村恵吾・藤本義一・倉田順介が共同で脚色、「浮世風呂」の木村恵吾が監督、「底抜け忍術合戦」の岡崎宏三が撮影した。「みみずく説法」の森繁久彌・乙羽信子が主演する。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
滝村和男
原作
茂木草介
脚色
木村恵吾藤本義一倉田順介
監督
木村恵吾
撮影
岡崎宏三
音楽
真鍋理一郎
美術
近藤司
照明
下村一夫
録音
鴛海晄次

ストーリー

大阪天王寺の西、釜ケ崎の煤煙と臭気に明けくれる一角に村上兵太郎は住んでいた。お人好しで、それだけに無気力、元は飛田の妓楼の主人だったが落ちぶれた今は、二間しかない部屋を連れ込み宿にして細々の暮し、女房は愛想をつかし三つになる子供と一緒に近所の偽学生と逃げていない。する事もない、ある一日、兵太郎は、昔の抱えっ妓で、男にそそのかされ借金を踏倒して逃げた大原君江に会った。話を聞くと、あれから河内で男と世帯をもったものの、嫉妬深くて昔の客のことを聞いては撲る蹴るの乱暴。そこで今朝、家出してきたというのだが、頼ってきた昔の友達・春子の夫に怪しげな振舞いをされたり、途中で寄った大衆食堂で見知らぬ男に言い寄られ体を売ってしまう羽目になったことなど、兵太郎も君江の運命に同情して、釜ケ崎の家へ誘った。根なし草のような二人--「同じ阿呆同士なら結婚しよう」と、ここに時ならぬ三三九度の結婚式が始った。ところが、この奇妙な結婚式を見た隣家の倉本は、兵太郎を裏へ呼んで、君江を売ってしまえとそそのかした。前借二万円になると聞いた兵太郎はふと胸算用、それでは売ってしまおうかと考えた。が、そこはお人好しの兵太郎。三三九度の盃半ばに、それをつい口すべらしてしまった。怒った君江は夜の街に飛出し追いついた兵太郎に「あんたは人間の屑だ」とぶちまけた。「私は死にたい」--君江の言葉に兵太郎も、この世に未練のない自分の体、一緒に死のうと決めた。二人は、安住の地に行けるような錯覚を起したのである。兵太郎と君江は鉄道線路に枕を並べた。近づく汽車の音。と、汽車は別の線路を走り去った。唖然として立上った兵太郎。その時、彼は苦しんでいる君江を見つけた。君江の口から妊娠していると聞かされ、兵太郎はびっくりした。白い夜明けの土堤の上で、兵太郎は、ふと逃げた妻子を思い起した。「子供に罪はない」--こうして再び生きる決心をした二人に、もはや人生の寂しさはなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。