日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

脱衣室の殺人
ダツイシツノサツジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月22日 
製作会社
日米映画NTV 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
43分  

日米映画が警視庁の協力を得て製作する犯罪シリーズの一篇。脚本は柳館雅章・高木敬、監督・沢賢介、撮影・上原雄二、「脱線三銃士」の左京路子に、大塚周夫・飯田覚三・多摩桂子らが出演している。

スタッフ

製作
峰村謙二
脚本
柳館雅章高木敬
監督
沢賢介
音楽
吉野達弥
照明
山崎武夫
録音
吉野達弥

ストーリー

キャバレー“スペード”のナンバーワン・信子がロッカーを開けた途端、その中から女給・夕子の硬直した死体がころがり出た。事件担当となった谷、石井の両刑事は、早速捜査を開始した。その結果、ロッカーの合鍵が支配人の金庫にあり、しかもこの金庫の開け方を知っているのは、被害者・夕子だけであり、夕子と支配人とは特別の関係にあったことが分った。その上、夕子と信子は競争相手で、事ごとに反目し合っていたということだ。刑事らは一応信子の線を固めようとしたが、はっきりした手がかりは掴めなかった。--ある夜、アクロバットの踊りが最高潮の時、天井から補助ライトが落下し、女給・昭子のそばで砕けた。失神した昭子を、ボーイの片森が宿直室に運んだ。昭子は何者かのためにガス栓を放出され、意識不明となったが、危ういところを救われた。谷刑事はライトマンの田中を殺人容疑者として逮捕した。--落着してホッとした女給やボーイたちの前に現われた谷刑事は、石井刑事が数占いの名人だから、みなの明日の運勢をみて貰ったらどうかと提案した。全員、紙に数字を書いて出した。谷刑事はその一枚を見、それを書いた片森に手錠をかけた。片森の紙には、ロッカーの合鍵がしまってあった金庫のダイヤル番号が記されてあったのだ。片森は夕子に言い寄っていたが、相手にされず、殺したのだった。二人のいきさつを知っている昭子が告口するのを怖れ、昭子をも殺そうと計画したのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。