日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京午前三時
トウキョウゴゼンサンジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

フランク永井のヒットソングを織りこんだ歌謡映画。「第3号倉庫」の山崎巖脚本を、「船方さんよ」の小杉勇が監督、「海女の岩礁」の山崎安一郎が撮影した。出演者は、待田京介・フランク永井・南寿美子に新人・中村万寿子など。

スタッフ

企画
茂木了次
脚本
山崎巌
監督
小杉勇
撮影
山崎安一郎
音楽
小杉太一郎
美術
西亥一郎
照明
吉田一夫
録音
宮永晋
編集
近藤光雄

ストーリー

ある夕方、東京丸の内のあるビルの前に、一人の男が車から降り立った。冷酷な影の深い顔立ちの男である。槙隆次といい、網走帰りのヤクザである。神戸で暗黒街のボス・ウィリアムに世話になった。その手下・ハリーが指命を持ってき、彼は“殺し”を受け負ったのだ。ビルの五階に、パシフィック商事があった。社員たちは退社して一人もいない。社長室から聞えてくる声をきいて、槙はニヤリとした。殺しの相手は社長の若槻なのだ。ドアーを開くと、若槻の姿はなく、若い娘がテープから流れる若槻のメッセージをタイプしていた。女は若槻の娘・冴子と名乗った。父は香港旅行中だという。冴子は理智と優しさの入り混った印象を槙に与えた。彼はしばらく彼女を見つめ、それから身を翻らせて去った。足はいつしか銀座へ向いた。クラブ“シセロ”のマダムは懐しがった。槙の弟分・フランクが流しをやめて堅気になろうとしていると聞いて、彼は喜んだ。--昔、網走に行く前は、彼は銀座の“タマ抜き屋”だった。バーやキャバレーの女給周旋業である。道子という女がいた。いくら冷くしても、彼を慕いつづけた。道子はフランクと一緒に花屋を開こうとしているという。槙がフランクを探しあてたとき、フランクは地廻りに借金のカタに女をだせと脅されていた。槙は彼を救ったが、駈けつけた道子とバッタリ会う。「フランクはあんたみたいな不人情と違うわ」彼女は泣き伏したのである。槙はいたたまれず、“シセロ”へ行った。フランクの店開きの金を工面してやろうとする。数日後、若槻が帰ってきた。彼は乾分を使って若い娘を誘拐して“シセロ”の地下倉庫に監禁し、香港ルートで人身売買を行って巨利を得ていることを、槙は調べた。ウィリアムとのいざこざがハリーの槙への指命となったのを彼が知ったとき、すでにハリーは若槻の子分に殺され、死体となっていた。槙は再び冴子に会った。二人の間に何かが燃え上った。恋人の父を拳銃で撃たねばならぬとは。槙は初めて悩んだ。彼の部屋で、二人が抱き合ったあと、彼は彼女に別れ話を持ちだした。悩んだ挙句の愛想づかしである。その時、若槻一味が彼を襲ってきた。「冴子!」叫びながら槙は逃げた。乱闘。結局、若槻はウィリアムの車に背後からひかれて死んだ。--槙をフランクと道子が迎えに来た。冴子が嗚咽しながら見送る。「終ったんだ、あの娘と俺は」槙は遠ざかる車の中でつぶやいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。