日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

底抜け忍術合戦 俺は消えるぜ
ソコヌケニンジャガッセンオレハキエルゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月11日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
61分  

「底抜け忍術合戦」の続篇で、小野田勇の原作を、中田竜雄・淀橋太郎・蓮池義雄が脚色、斎藤寅次郎が監督した。撮影も岡崎宏三で前作と同様。出演者も、三木のり平・環三千世・トニー谷・八波むと志と同じ顔ぶれである。

スタッフ

製作
山本紫朗
原作
小野田勇
脚本
中田竜雄淀橋太郎蓮池義雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
岡崎宏三
音楽
中元清純
美術
内田昭一
照明
牧野秀雄
録音
中川浩一

ストーリー

大阪城の秘密の絵図面を徳川方の隠密・早耳甚内に盗まれた大阪方は、忍術の大家、戸沢白雲斎の娘で男装の忍と弟子平助に、絵図面取り返しを命じる。その途中、女道中師お銀は、女とも知らず忍に惚れ、一方、忍は山賊に捕ったが浪人弦三郎に助けられた。忍・平助の両人は首尾よく甚内から絵図面を取り返したものの、甚内一党にかこまれ、魔法鏡の偉力で術を破られそうになったところ、再び弦三郎に救われた。だがその間に絵図面はお銀の手にわたり、再び一同の追いかけが始った。たまたま甚内・平助は寂しい山寺で妖怪にまどわされ、徳川方の軍用道路建設場に放り出された上、強制徴用された百姓にまじって、砂利運びをさせられることになった。そこで彼等は営倉に入れられたお銀を発見、絵図面は収容所長・典膳に取り上げられたと聞く。二人は脱走しようとして捕われた。一方、ここに行きあわせた忍と弦三郎は、平助・甚内を救うが、甚内の魔法鏡のため、再び忍・弦三郎・平助・お銀は典膳の手中におち、爆弾で殺されかける。危機一ぱつ、お銀の働きで爆弾は典膳を吹き飛ばし、空にまい上った絵図面はお銀の手に。彼女はそれを忍と弦三郎に差し出し、二人の将来を祝った。かくて数年が流れ、今は弦三郎と忍の幸福な結婚生活。平助と甚内は仲よく裏庭で薪を割っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。